RSS | ATOM | SEARCH
キッチン完成

今日は次男の誕生日。

もう5歳とは早いものです。

 

長男は昨夜から小学校隣の公民館でお泊り会があり、

去年に引き続き参加。

夕飯・お風呂を済ませて18時集合(仕事が17時半までなので到底無理)、

花火や肝試しなどをやって、朝ご飯をいただき、宿題やゲームなどをやり、

お昼には流しそうめん、15時解散というスケジュール。

確か、保険料込で1,200円会費。

 

寝袋持参で、上級生に面倒をみてもらい、楽しそう。

 

何の役員が対応して下さっているのか、大人の方も数人いて、

お手伝いの卒業生(中学生)もいて、ボランティアも募集していたのですが、

下の子もいるし、夫も平日はあてにならないので、夜も朝も協力できず、

せめてもの食材提供でミニトマト・きゅうり・青じそ・キウイフルーツを届けました。

 

絵や習字などの作品作り以外の国語や算数の宿題を早々に終えた長男は、

お泊り会では絵日記を書くんだと言っていたのに、色鉛筆を忘れ、

朝届けてほしいと言うので、様子見がてら行って来ました。

 

農園の母屋のリフォームは、今日はタカラスタンダードの取り付けの方が来られて、

キッチンの取り付けを行うというので仕事の昼休みに見に行きました。

わーすごい、こうやって組み立てていくんだ!

ずっと見ていたいのですが、仕事に戻らないといけないので、残念。

 

夕方再び見に行くと、もう完成していて、プチプチでおおわれていました。

私がタカラで選んだものですが、どんなのを選んだかすっかり

忘れてしまったので、引き出しとか開けたかったのですができずに

楽しみが延びてしまいました。

 

農園に行く前に、保育園へ下2人を迎えに行くと、

次男は、写真つきの誕生日色紙をもらい、うれしそう。


三男は、熱が出たそうで、冷えピタを額に張られていました。

私の実家の奄美から誕生日プレゼントに靴と靴下が届き、

次男はそれを履いて、ご機嫌でした。

 

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 05:55
comments(0), -, - -
次男、回転寿司希望

朝ご飯の後、夫と上2人の子供は海に行くと言う。

奄美大島で育った私は海に行くなら夕方と思っているので、

信じられないけど(真昼間になんか行ったら、日焼けして痛いし、

朝行くと水温が低くて寒そう)、15時半からは長男は書道教室が

あるので、そうしかならないだろうと見送る。

 

昨日から車2台生活なので、私と下の子は児童センターへ。

9時に開くセンターへ9:18到着。

車が2台あるって便利だなぁ。

車が1台しかなければ、私と下の子は家で過ごすしかなかったから。

 

下の子と2人だけでゆっくり遊ぶなんて久しぶり。

パズルやおままごとなど一通り遊ぶ。

こういうことを保育園でやっているんだろうなと思う。

お皿にオムライスやトマトなどたくさんのせ、「はい、どうぞ」と

もてなしてくれた。

 

11時過ぎに帰ろうかなと思ったら、保育園で同じクラスの母子が来て、

子供たちが盛り上がり、結局12時まで。

3時間近くも遊ぶと疲れたのか、車の中ですぐに寝てしまった。

片道5分くらいなのに。

家の駐車場に着いて、チャイルドシートのベルトを外してもまだ寝る。

お昼も食べずにお昼寝。

 

来週平日誕生日を迎える次男のリクエストにより、夕飯は近所の

回転ずし「スシロー」へ


回ってくるお寿司に下の子が手を伸ばそうとするのを阻止するのが大変。

あー、回転しないお寿司屋さんがいいなぁと思う私。

学生の頃、築地に本店のある「寿司清」というお店でアルバイトしていて、

今でも東京に行く時に渋谷店などでランチを食べます。

小さい子供と行くなら、回転ずしになってしまうか。

子供が食べ盛りになった時に回転しない寿司屋に行くのもお会計が恐ろしいな。

 

お店の駐車場でなかなか車に乗らない下の子

どこでも寝っ転がるので困ります。

 

外食は後片付けをしなくていいので、楽でいいですね。

 

author:hayashi-farm, category:育児, 00:45
comments(0), -, - -
映画「いただきます」/危険なウッドデッキ

土曜朝、勤め先で購入した中古のキューブを取りに家族で会社へ。

車2台生活になりました。

こちらはだいたい夫用。

 

夫は富里市にあるジョイフル本田(大きいホームセンター)に

母屋のリフォームの壁の和紙張りに使う道具を買いに行った後、

外壁に防腐剤などを塗ることになっていて、1人でキューブで出発。

 

私と子供たちは、市川市の全日警ホールへ「いただきます」という

映画を観に行きました。

(↑見にくいので、何と書いているかというと、

「食べたものが、わたしになる。いただきます 

みそをつくるこどもたち しあわせは、食卓の中にある〜」

 

この映画は、玄米を中心とした和食給食や子供たちとみそ造りを実践

している福岡市の高取保育園、神奈川の麦っこ保育園のお話で、

ずっと観たいと思っていましたが、私の知る限りだと千葉でなかなか

上映されなかったので行けないままでした。

ようやく市川市での開催を知り、市川だと東京寄りで遠いし

どうしようかと思ったのですが、また次いつ観られるか分からないし、

日時のタイミングが合わないと行けないので、今回行くことに。

パルシステム(生協宅配)主催で乳児歓迎と書かれていて、参加無料

だったというのもありがたく、行かねば!と。

 

75分の映画で、10:00-11:30と聞いていたので、遅れては大変と

高速道路を使って行き、9:40着と私たちにしては予定より早めに到着、

会場一番乗り。


(↑おとなしく観ることはなさそうだと予測される風景)

遅れるよりいいよね、と長男と話していたのですが、なかなか始まらないし、

お客さんも来ない。

映像が流れ始めたと思ったら、パルシステムの宣伝が約30分。

10時半スタートだった・・・。

さすがに10:20頃からお客さんがチラホラ。

会員さんには詳しい案内が紙で配られていたようで、会員でない私は

予約時にもっと始まる時間を確認すべきだった・・・。

 

始まる前に子供は飽きるし、子供3人を車に乗せて高速で来るのって

結構大変。

ここまで来るのに、慣れない道を時間に間に合うかとか

駐車場満杯だったらどうしようかと焦る気持ちで運転しているのに、

上2人は車の後ろでケンカしていて、「もう!!」という気分でした。

下の子が泣いていてもバックミラーで見るくらいしかできないし。

ケータイのナビは使っていますが、高速での分かれ道はちょっと見にくいし、

降りるところを間違うとややこしいし。

早く到着した分、駐車料金は上がっていくし。

 

映画自体はとてもよかったです。

玄米やひじきや青菜を使った給食やおやつに裸足で外を走り回ったり、

竹馬に乗ったり、上り棒を上ったりと元気に遊ぶ子供たちに、

子供たちを温かく見守る西園長はじめ、保育士さんたち。

「100回噛んで食べよう」と給食を食べる時に保育士さんが子供たちに話していたり、

ここに子供を通わせたおかげでアトピーが治ったと言っている保護者がいたりしました。

 

高取保育園のと思われる2年前の7月の献立表ももらいました。

↑例えば、

7/8 金時豆入り玄米ご飯、炒り豆腐、みそ汁(おくら)、納豆

おやつは、とうもろこし、ちらしずし

↑例えば、

7/19 小豆入り玄米ご飯、厚揚げの野菜あんかけ、みそ汁(なす)、納豆
おやつは、いりこ、高菜おにぎり、いりことくるみの佃煮

 

果物もあまり出ないようで、月に1回スイカが出たのみ。

牛乳は全くなし。

お肉も出てこない。

パンも出てこない。

麺はおやつにトマトスパゲティが1回、夏野菜うどんが1回出たのみで

給食には全く出てこない。

おやつに市販のお菓子が出てくることなんて全くなし。

 

福岡市の認可保育園なので、栄養面の基準をクリアするのは大変と

話している場面もありました。

 

この映画のホームページの園長語録に

「こどもの舌は繊細です。小さい子ほどおいしいものがわかるのです。

マヨネーズ、ケチャップ、ソースは使いません。

肉のうまみや化学調味料に頼らない、素材本来のおいしさを子供たちの

味覚形成時に伝えたいのです」とあったので、

調味料も上質なしょうゆ、塩、みりん、酒などでマヨネーズやケチャップ、

ソースは使っていないと思われます。

 

こちらは真ん中と下の子が通っている佐倉市の保育園の献立表はこんな感じ。

高取保育園ではあり得ない給食・おやつでしょうが、悪くはないと思う。

例えば、7/11 ご飯、鮭のパン粉焼き、塩こぶ和え、みそ汁、

おやつは、イチゴジャムサンド


小2長男の通う市内の小学校の献立

例えば、7/10 夏野菜カレー、コーンサラダ、フルーツ白玉、牛乳

 

なるほどな、よくやっているなと思う保育園の実践の映画でした。

映画が終わって帰ろうと思ったら、聞いていませんでしたが、

「その後のはなちゃんのみそ汁 GIFT」という20分間の

短編ドキュメンタリーが始まりました。

高取保育園に通っていたはなちゃんと25歳で乳がんを発症し、はなちゃんが

年長さんの時に亡くなったお母さんの千恵さんと旦那さん・はなちゃんの

お父さん、安武信吾さんのお話。

 

「はなちゃんのみそ汁」は映画で観ていたし、はなちゃんの料理本も見たことが

あるので、このドキュメンタリーも観られてありがたかったのですが、

11時半終了と聞いていたのに、12時過ぎ。

14時半から子供たちのスイミングがあり、その前に今日で木工事終了の

大工さんに差し上げるお菓子を買ったり、子供たちのお昼ご飯の時間を

考えるとバタバタ。

帰りも大慌てでした。


いい映画を観た後ですが、来週の平日に5歳の誕生日を迎える次男の

誕生日ケーキの予約をしていたのでスイミングに上2人を送った足で

ケーキ屋さんへ行き、スイミングを終えた次男と歯医者さんへ行った後に、

おやつでクマさんケーキ




もう5歳になるとは早いものです。

いろんなことにこだわる子で、忙しい朝はイライラさせられてしまう

ことが多いのですが、これからの未来を楽しみにしています。

 

そして、農園へ。

帰りそうになっている大工さんにギリギリ、わらび餅をお渡しできました。

母屋を崩すところから約半年間も関わって、丁寧な仕事をして下さり、感謝です。

 

夫希望のウッドデッキが完成していました。


が、とても危険!

大人でも足を踏み外しそう。

窓の内側にこれまた夫希望でベンチが作られていて、その高さと

同じ高さでウッドデッキもあるのですが、「落ちるよねー」と懸念される。

夫に苦情を言うと、でき上がってから、手すりをつけるかどうか

考えることになっているとのこと。

中から見た風景はどうかと思うけど、安全性優先で手すりはつけた方が

いいと思われる。

ケガをされちゃ大変。

あー、またお金が追加されるな。

この窓、本当は掃出し窓にしてもよかったし、壁にしてもよかったんだよな。

なんでこうなったかは忘れたけど、夫がいろんな本を読んでこうなったのには

間違いない。

ウッドデッキ下にエアコンの室外機が3台くらい入るのは景観上も

助かるのですが、困ったウッドデッキだな。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 03:50
comments(0), -, - -
野菜畑

毎日暑いですね。

農園では、いろんな野菜が採れているので、紹介します。


これは山芋トンネルです。

農園では「台湾山芋」という粘りのある南方系の山芋を育てています。


きゅうりのトンネル


サツマイモ、

例年、ベニアズマや安納芋や紫芋など5種類くらい育てています。


トマト 大玉トマトやマイクロミニトマトなど


くにゃくにゃした支柱もあります。


長ねぎ


ヤーコン

食べ方が分からないとかあまり好きでないというお客さんもいる傍ら、

キンピラや野菜ジュースを作ったりしています、というお客さんもいます。

地中に生える野菜で、梨みたいなサクサク感があって、甘い野菜です。

葉っぱの形がおもしろいのですが、この写真では分かりにくいですね。


トウモロコシ


ピーマン


里芋


イタリアンパセリ

 

ブドウ



4月に来たヒヨコがすっかり鶏という風貌。

来月卵を産み始めるかな。

久々に畑の様子を載せましたね。

夏は草の伸びが早く、草だらけで、草取りが大変そうです。

引っ越したら、たまに手伝おうかなぁ。

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 03:55
comments(0), -, - -
保育園に迎えに行ったら

保育園に子供を迎えに行ったら、うちの子がいない!

怪しい子供を見つけました。

保育士さんが言うには、自分でこれを着せてと言ってくるらしい。

長男も次男もこういう時があったな。

しかもポーズはアッカンベー

 

author:hayashi-farm, category:育児, 04:50
comments(0), -, - -
収納箱完成

農園に行ったら、収納箱が完成していました。

 

引く時に持つ長丸部分、どうやって作ったんだろう?

大工さんが帰った後に行ってしまったので、聞けなかった。

大工さんがいらっしゃる時に行ければ、いつも

「これを作るのに、こういうのを書いて」とか鉛筆で書いた絵を見せて

下さったり、「こんな工夫をしたんだ」とかお話いただけるのに、残念。


スライドしやすい


おもちゃをしまったりしようっと。

やっぱり大工さんってすごいなぁ。

仕事がなければ、ずっと作業風景を見ていたいくらいです。

 

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 01:10
comments(0), -, - -
木工事は今週まで

木工事は今週までです。

1人の大工さんはリビングの収納箱を作って下さっていました。

 

キャスターを付けて、出し入れするもの。

7つ作成予定。

 



もう1人の大工さんは洗面所の点検口の作業を

 

別のもう1人の大工さんは掘りごたつの框(かまち)部分の作業を

して下さっていました。

半年くらい丁寧な作業を続けて下さって、ありがたいです。

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 11:00
comments(0), -, - -
マザー牧場

子供会で富津市にあるマザー牧場に行って来ました。

マザー牧場へ行くのは、2,3回目です。

3連休最終日で翌日、仕事・学校と思うときついですね。

 

マザー牧場は位置的には、佐倉市から東京湾沿いに千葉を南下する感じです。

高速道路を使うと片道1時間10分くらい、使わないと1時間45分くらいの距離。

夫が子供の頃はバスを貸し切って行っていたようですが、

それぞれの車で行き、駐車場集合。

小学校の全校児童が50人くらいと少ない小学校なので、2地区合同開催です。

来年地区役員なので、役員さんがどんなことをしているのか予習もしなくちゃ。

行き先を決めたり(去年は成田のアスレチック+バーベキューでした)、

お知らせのプリントを用意するのも大変だろうな。

 

10時集合で、まずはファームツアー。

後ろからしか写真が撮れませんでしたが、トラクターが引く車に乗って出発!


中は向かい合わせの席

車窓から牛や馬を見て、

途中で、羊やアルパカにエサをあげました。


アルパカは2年に1度毛刈りをするそうで、ついこの前毛刈りをしたそう。


ファームツアーの後は、ジンギスカン


ここまでは子供会で行動、ここから先は自由行動・解散。

 

牧羊犬や羊、ヤギ、ラマ、ダチョウなどが出てくる「牧羊犬と牧場の仲間たち」と

いうショーの後、羊のショーを見ました。

ラマは以前ネパールからヒマラヤへトレッキングした際に(確か11泊くらいの

トレッキングだったような)荷物運びとして活躍しているのをよく見ました。

 

羊のショーで分かったのは、世界にはいろんな種類の羊がいるということ。


上の段の角がくるくるしたメリノの左のヒツジは毛刈りした部分と

していない部分があって、おもしろい。

お寿司のネタとシャリみたい。


羊の毛は結構分厚いですね。


毛刈りのショーも


最前列だったので、見やすかったです。

 

あっという間にきれいさっぱり。


子羊にミルクをあげるのに長男参加。

最前列だったおかげで、手をあげるとすぐ参加できました。

子羊と言ってもちょっと育っていますね。

前にニュージーランドに行った時、ヒツジは春に出産と言ってたものな。


最後は黒い牧羊犬3匹が建物内を走り、羊の背中に乗って終了

 

次は坂を下って(マザー牧場は起伏が激しい)、ソフトクリームを

食べた後、子豚のレースへ



ベビーカーを持って来てよかった。

絶対に下の子がお昼寝をすると思ったし、荷物を置くのにはいいので、

持ってきました。

子供が3人いても車移動が多くて、ベビーカーは使う機会があまりありませんでした。

購入したベビーカーの元を取った気がしません。

下の子も2歳2ヶ月だし、使うの最後かも。


子豚のレースは子供が担当する子豚を追いかけ、ゴールを目指すと

いうもので、開始15分前からレース参加抽選券を配ると聞いていました。

参加資格は、子豚を1人で追いかけられる3歳〜小学6年生が対象。

6組×レース3回なので18人しか出られないということでしたが、

長男次男は運よく参加できました。

 

次男が2レース目に参加。

1位かと思ったら、ゴール寸前で子豚がUターン、戻って来てしまいました。

残念ながら2位


最終レースに長男が参加。

最終レースは賭けをしている人たちもいるので、責任重大。

ラッキーなことに素直にゴールまでまっしぐらの子豚に当たり、1位。

子供の足が子豚に追いつかないくらい、勝手に子豚がゴールまで走ってくれました。

なかなかゴールまで行かない子豚もいて、見ていておもしろかったです。

ヒーローインタビュー


金メダルをもらいました。


その後、乳牛の乳搾り体験をしました。


牛の大きさに驚きました。


駐車場に戻るべくファーム内を走るバスに乗ろうかと思ったのですが、

片道300円もかかるようだったので、節約して足で上がりました。

 

次男は「わくわくランド」の観覧車に乗りたいと言ったのに、

これに乗るんだと。

私が自転車のペダルみたいなのを横でこぐと進む乗り物。

この子は今月下旬に誕生日なので、最近

「僕、お誕生日だから、これやっていいでしょう」とか

「これ買って」とかよく言います。

 

これにて終了。

暑い中、十分マザー牧場を楽しみました。

 

author:hayashi-farm, category:育児, 12:50
comments(0), -, - -
日曜ランチはドライカレー

豚ひき肉があったので、お昼ご飯はドライカレーにしました。

農園の玉ねぎや人参やトマト、ピーマンといただきもののナスを

細かく切って、カレー粉とソースを加えて完成。

卵・わかめスープを作って、トマトを刻んで、料理終了。

 

ドライカレー、子供も気に入ったようで、おかわりしていました。

これが好きなら、作るの楽でいいや。

普通のカレーみたいに煮込まなくていいしね。

また作ろう。

デザートは子供と作った水ようかん

甘く煮た小豆に寒天を加えたもの。

次男はよく「ママ、何かお手伝いできることない?」と聞いてくるので、

一緒に作りました。

忙しい時は、せっかくの申し出でも断ってしまうので、

今日は一緒に作れてよかったです。

 

author:hayashi-farm, category:野菜を使った料理, 12:50
comments(0), -, - -
私の机

大工さんが私の机を作って下さっていました。


右の伸びた木材のところに丸い木が加わります。

「設計図では丸くなっているけど、六角形の下の部分みたいに

カクカクにもできるし、加えずにこのままでもいいよ」と先日の

打ち合わせで言われていて、見た感じ、丸い方がいいなと答えていました。


丸い部分、作成中


ちなみに夫の書斎の机は、床の間の余ったヒノキに奥行きが12cm

足りないので、別の木を加えたものですが、私の机はいろいろ合わせた

木です。


ここはキッチンの手前。

テーブルがきます。

食器棚まで回り込まなくても、取り皿やコップ、箸、箸置き、つまようじなどが

取れるように棚をお願いしていました。

 

玄関部分は、別の大工さんが担当


国産の材料でなく残念ですが、外国の木です。

どんどん幅が狭くなるのに合わせ、うまく張っていっていました。


夕方行ったら、丸い部分が完成していて、接着剤で留めているので、

支え棒は月曜までそのままにしておいてね、と。

 

玄関も進んでいた

木工事は来週21(土)までです。

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 15:12
comments(0), -, - -