RSS | ATOM | SEARCH
静岡4人旅

長男と次男に前々から「新幹線に乗りたい」と言われていました。

そういえば、新幹線に乗ったのは、実家の母が織物の調査で山形に行くのに

付き合った8年前くらい、長男がお腹にいる時でした。

私も飛行機には乗っても、新幹線には乗ったことはそんなにないな。

10回未満だな、きっと。

 

最近、後藤由紀子さんという方の本を読んでいて、静岡の沼津で雑貨屋さんを

営んでいるようなので、お魚と後藤さん目当てで、三島・沼津新幹線往復日帰り旅を

予定していました。

 

夫に三男をお願いして、私と長男・次男で行くはずが、何と、夫が土曜出勤に。

月1あるかないかくらいの土曜出勤なのですが、「代わってもらえないか」という

同僚がいて、代わることになったのだとか。

私が日帰り旅を今日にしたのは、いつも土曜に行っているスイミングが休みだった

からで、また別日にするのも難しそう。

男児3人連れての旅は難航が予想されますが、仕方ない。まぁ、どうにかなるでしょう。

行きは夫も一緒。

(電車の中はエアコンが効き過ぎて寒いだろうと、はおるもの持参)

 

予定通り、JR物井駅6:44の電車に乗れました。

帰りは夫と同じ時間になるか分からないので、別々の車で、物井駅近くの

コインパーキングに停めました。

ボックス席に座れたので、朝ご飯におにぎりを食べてもらい

(私だけ、おにぎりを作りながら、ささっと食べて歯磨き済)、東京駅で夫と

別れ、新幹線ホームへ。

7:36に東京駅に着き、次男がトイレに行きたいと言うので、トイレに寄って、

何とか予定通り、7:56発の東海道新幹線「こだま」に乗れました。

(「飛行機みたいにベルトはないね」などの会話)

未就学児は、自由席なら無料で座れるようです。

長男は小学生なので、大人の半額の料金です。

 

乗車時間55分なので、あっという間。

8:51に三島駅に着きました。

一部雲に隠れた富士山がホームから見えました。

 

まずは、下調べしていた三島駅南口から歩いてすぐの『楽寿園』という

小さい動物園と遊園地へ行きました。

気温が上がってきて、暑くなってきました。

 

9時開園なのに、結構人がいました。

子供は入園無料で、私が入園料300円を払おうとすると

「ナントカパス、ありますか?」と言われ、

静岡の子供がいる親が持っているカードのことのようだったので、

「千葉から来たので、千葉のカードしかありません」と言ったのですが、

「それでも割引になりますよ」と。

千葉のチーバくんのチーバスを提示して1割引の270円で入れました。

チーパスって県内だけで使えるものではないのね、とても親切。

30円だけでもうれしい。

 

メリーゴーランドや小さい機関車、動物などよりもアンパンマンとピカチューのところへ。


100円入れて、動くもの


太鼓の達人も100円


もぐらたたき


メリーゴーランドも100円


小3でも乗りたそうでしたが、高学年になると乗らないのだろうな。




機関車にも乗った後、小さい動物園へ。

アルパカやワラビー、サル、ウサギ、小さい馬などがいました。


レッサーパンダ、出てこないかなぁ、の場面


アスレチックもあるらしいとアスレチックへ。

一通り遊んだところで、三男が「ウンチ!」と。

そのウンチが硬かったようで、「お尻が痛いよー」と泣きそう。

旅の後半、抱っこになるかと思い、サンダルではなく靴にしていましたが、

早々に抱っこになってしまいました。

しかも、お尻に触れられると痛いようで、抱っこするのも気を使う。

 

また三島駅に戻り、東海道線1駅で沼津駅へ。

私の調べによると『山正』さんというお寿司屋さんが海鮮丼も焼き魚もおいしい

ようで、11時半からのランチに11時から名前を書けば1回転目で食べられる

ようだったので、お店に向かうも、「イベントのためにランチ営業はしません」と

私の前に来た方が言われていました。

何てこと!

お店のHPや食べログを見て、楽しみにしていたのに、こちらに来る寸前には

お店のHP見てなかったもんなぁ、失敗。

 

お寿司が食べたかったのに、とブーブー言う子供たちを連れ、

後藤さんの「hal」という雑貨屋さんまで歩き、お店を一巡り。

雑貨屋さんの中にキッズコーナーがあったのですが、そこで遊んでくれず、

騒がしいし、お店の外に出て行こうとするので、落ち着いて見ることもできず、

あまり後藤さんとも話せず、お財布だけ買って、駅まで戻り、バスで沼津港へ。

 

ようやくお昼ご飯にありつけました。

次男はお刺身3点盛を選び、三男はいくらが食べたいと言うので、

サーモンいくら丼を注文し、取り分け、

 

長男は、ミックスフライ定食

「山正」さんは次回、リベンジだな。

冬にみかん狩り兼ねて来ようかな。

 

お昼ご飯の後は、クルージング。

沼津港周遊コース30分。

写真奥に見える、日本最大級の大型展望水門「びゅうお」を抜けて、

駿河湾へ。

私は海の近くで育ったので、船が並ぶ風景は懐かしいです。


かっぱえびせんをカモメにあげている人がいて、隣のおばちゃんが

ご親切にうちの子たちにもかっぱえびせんを分けて下さいました。

カモメに混ざって、ワシのような強そうな鳥も近寄ってくるので、要注意。

曇っていて、富士山が見えなかったのが、残念。


港に戻って、お茶がなくなったので、コンビニに買いに行って、

また港に戻ったら、お猿のショーをしていました。

三男は怖がって、一緒に写真撮ろうとお兄さんに言ってもらえたのに、

ベンチに座りっぱなし。

 

静岡のお茶のアイスとミルクのアイスを市場で食べた後、農園用に

お土産を買って、大型水門「びゅうお」に行きました。

三男、お昼寝になってしまった。

体重14kgくらいの人をずっと抱っこするのは重たいですね。

暑い日だったので、汗をかきながらの抱っこ・・・。

 

びゅうおでは、360度見渡せましたが、曇っていて、やはり富士山は

見えませんでした。

 

港に戻り、バスで三島駅に戻って、沼津駅へ、それからまた新幹線に乗って、

東京駅へ。

新幹線内でお昼寝から目覚め元気になった三男と次男がふざけて騒ぐので、

注意したりで、私も疲れました。

 

それから、元気だったら寄ろうね、と言っていた本八幡駅(千葉県市川駅)の

17時から開く文房具店『ぷんぷく堂』へ子供たちが行きたいと言うので、

寄りました。

子供たちも2,3回行ったことのあるお店で、扱っている品目が多く、

女性の店主が親切なので、子供たちもお気に入りのお店です。

ですが、東京寄りの千葉なので、めったに行けません。

店主こだわりの文房具の中から1品ずつ好きなものを選んだ後は、

夫と合流。

 

本八幡駅の中華料理屋さんで夕飯。

隣の席の70代後半と思われるご夫婦のおばちゃんに

「男の子3人は大変でしょう、これはお父さんも協力しないといけませんよ」と

ありがたい忠告。

「私は子供が好きなのよ。どこの子もかわいいわ。どれ、メガネをかけて、

子供たちの顔を見せてもらいましょう」と元気なおばちゃんでした。

 

また電車に乗り、無事物井駅へ。

長い日帰り旅でした。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 14:50
comments(0), -, - -
Comment