RSS | ATOM | SEARCH
アンパンマンのマント

今年の梅雨は長い。

しかも空梅雨ではなく、しっかり降っています。

なので、小学校へ通う長男を車で送って行くのが頻繁。

 

本当はたいした雨でなければ自分で歩いて行ってほしいのに、

この地域は、晴れの日はボランティアのおじさんとおばさんが一緒に

学校まで歩いて行ってくれ(いろんな事件があるのでありがたい)、

雨の日は親が学校まで車で送って行くことになっています。

 

夫は朝早く出かけ、私が子供の身支度、食事、洗濯物干し、

連絡帳を書いたり、忘れ物がないか見たり、自分のお弁当を作ったりする中、

(たまに朝のお茶碗洗いがこなせるが、たいていは無理)

朝の車での送りが加わると、学校までの往復、10分弱のことなのに大変!

子供はいつも機嫌いいとは限らないし。

 

ですが、ありがたいことに同じ敷地内に住む義母からつい最近、

「雨の日は学校まで送って行こうか」というありがたい申し出が。

助かります。

でも、今朝は雨だったけど、時間になると玄関まで来てくれる義母が来ない。

もう自分で行った方が早いやと子供3人車に乗せて学校へ行くはずが、

下2人はご飯が食べ途中だったこともあり、「待ってる」と。

心配ではあるけど、少しの時間だからいいか。

学校まで行って帰って来たら、義母が玄関周りの草取りをしながら、

「ごめんごめん、朝起きた時は(学校へ送って行くことを)覚えていたのに、

うっかり忘れてたよ」と。

まだ3回目くらいなので、習慣になっていないだろうから仕方ない。

また次回お願いします。

 

家に入ると、ご飯を食べ終えたと思われる下の子2人が何だか楽しそう。

「動いたら結べないから動かないで」と弟に言う次男。

何をしているのかと思えば、前にアンパンマンミュージアムで買ったアンパンマン柄の

バンダナをマントに見立て、お兄ちゃんに結んでもらっている三男。
兄弟がいるっていいなと思いました。

ママがいなけりゃいないで、お兄ちゃんにしてもらえるなんて、すばらしい。

なぜか、もう中身のお菓子は空っぽのグリコの箱を持って撮影。

 

夕方保育園に迎えに行くと、三男の連絡帳には

「お兄ちゃんが付けてくれた、とうれしそうにマントをしばらくずっとつけていました」と

書かれていました。

author:hayashi-farm, category:育児, 09:40
comments(0), -, - -
Comment