RSS | ATOM | SEARCH
傘立て

とある方から新築祝いではなく、改築祝いか、をいただきました。

沖縄の読谷村の松田共司さんが作られた切立甕。

傘立てにもよし、花を生けるのもよし。

 

買えば高いものをどうもありがとうございます。

ほしくても自分ではなかなか手が出せないでいました。

うん、かっこいいなぁ。

玄関が明るくなりました。

三男が中から見ています。

 

ガラスに鼻を押し当てて、おもしろい顔。

 

せっかくだから、傘を立ててみよう。

いい感じ。

梅雨の時期もこれで楽しめます。

雨が降らない時期は、枝もののお花を飾ろうかなぁ。

これからの生活が楽しみになってきました。

 

これが包まれていた緩衝材がおもしろかったです。

まるで「箕(み)」のようですが、

 

段ボールでできています。

段ボールの再利用ですが、このように切る機械ってどんなものなんだろう?

見てみたい。

お風呂の焚きつけに使ってもらうか(農園のお風呂は薪)、

はたまた、お客様に卵を宅配便で送る時に使ってもらうか、と思って

1つだけは手元に残し、残りを義母にあげたら喜んでいました。

 

傘立ての中は15cmくらい砂利を敷き詰めると傘を入れる時のクッションになると

いただいた方の手紙にあったので、家の周りを次男と歩き、見つけて、洗って、

入れました。

これで気兼ねなく傘が入れられます。



後日の写真

最近、付けてもらった網戸も自分で塗って、でも別の日に2度塗りしなくちゃ。

傘立てには虫取り網も加わっていました。


大変よいものをいただいて、とてもうれしいです。

毎日目に入りますしね。


 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 09:22
comments(0), -, - -
Comment