RSS | ATOM | SEARCH
ノートパソコン、壊れる

「ぐりとぐら」が好きで、

 

毎朝、小2のお兄ちゃんを集団登校のところまで送って行くのが好きな

 

丸々とした三男(2歳10ヶ月、体重13キロくらい)に


パソコンの液晶を壊されました。

ガーン!!!!

私の机のノートパソコンの向こうにあるラジカセに触りたくて、

膝をついたか、乗っかったかと思われます。

最近、ラジカセで「パプリカ」という曲を流して、とせがまれるのですが、

自分でもやりたがるのですよね。

次男が2歳くらいの時にもラジカセを壊されたことがありますが、

今回の方が被害額が大きい!

 

そういう2歳でもよじ登れば触れるところにラジカセを、

もしくはパソコンを置いている私が悪かった・・・、と後悔。

 

液晶が壊れているのに気付いたのは朝だったので、

ベットで寝ていた三男を起こしに行って、

「ママの大事なの壊したでしょう」とパソコンのところに連れて行ったら、

寝起きだというのに放った言葉が

「げんのさんにおねがいしよう」と。

 

「源野さん」というのは我が家の設計士のおじさんで、

趣味で金継ぎをされていて、我が家の欠けた器や割れた器を直してくれる方。

壊れた物は源野さんにお願いすればよい、と理解しているようで、

思わず笑ってしまいました。

 

修理の手配、修理代、もしくは買い替え代、痛いですが、おもしろいオチがありました。

 

早くそういうことをしなくなる4,5歳になってほしいと思います。

触られて困るものは高いところに置くこと、改めて学びました。

子育ては、常に学びがあります。

私も子供たちのおかげで育てられています。

 

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 12:40
comments(0), -, - -
Comment