RSS | ATOM | SEARCH
ピケニケとじゃんけん

先日、長野県のお菓子をいただいたのですが、紙袋が素敵でした。

紙袋1つで気持ちが楽しくなるので、紙袋や包装って大事だなと気づきました。

 

中身はこんなカステラが入っていました。

このお菓子の「開運堂」というお店のホームページによると、

カステラの祖国ポルトガルで、「遠足」のことを「ピケニケ」と

言うそうです。

 

なるほど、「ピクニック」という言葉もそこからきたのでしょうか。

 

100%長野県産の小麦粉を使ってるそうです。

子供たちとおいしくいただきました。

(三男と長男)

最近、チョキができるようになったからか、三男がじゃんけんをしたがります。

今日のお菓子のように、違う味のお菓子をいただいた時など、

「最初はグーしよう」と三男が言ってきて、

みんなでじゃんけんするのですが、勝とうが負けようが、三男が

最初に選びます。

それを長男と次男は容認していて、見ていて、おもしろいです。

なら、じゃんけんをする意味がないじゃないか、と思うのですが、

三男は違うものを選ぶときはじゃんけんをして、順番に取るということは

理解はしているようです。

グーの方がチョキより強いなど分かっておらず、自分がいつも1番ですが。

お兄ちゃんたちは、ゆうちゃん(三男)は1番小さいから、譲ってあげると

思っているのでしょうね。

author:hayashi-farm, category:育児, 22:30
comments(0), -, - -
Comment