RSS | ATOM | SEARCH
保育園のハロウィン

今週の午前中は保育園の保育参加で、私は金曜の今日、仕事を休んで行って来ました。

普段保育園でどんなことをやっているのか、楽しみにしていました。

 

1歳児クラスの三男はホールでお歌を歌ったり、黒とオレンジと紫チームに分かれ

新聞紙をぐるぐる丸めて袋に入れ、ハロウィンの飾りを作った後は、お散歩、

4歳児クラスの次男は外で駆け回ったり、砂場で遊んだり、遊具で遊ぶという時間。

 

4歳児の様子も見に行きましたが、こちらも激しく遊ぶのに付き合わないと

いけないので、退散。

1歳児クラスに参加してみました。

 

お散歩は大変。

10人くらいの子供たちは、1人はあっち行き、1人はこっち行き、

向こうでは泣いている子もいて、先生方も先を急いで歩くというより、

ゆっくりのんびり歩くという感じではありますが、毎日大変だなと思いました。

幸いなのは、田舎なので、車が通らないということ。

 

目的地の公園に行くまでに犬や鶏小屋で鶏を見たり、公園ではすべり台や

どんぐり拾いを楽しみ、また行きと同じように、帰って来て、

教室に戻って手を洗った後は、

おむつも肌着もシャツもズボンも全て着替えて、おやつという流れ。

 

私も2人、着替えを手伝いました。

1,2歳児のはだかんぼがかわいいのは分かっていましたが、それが

複数いるととてもかわいい。

ぽっちゃりでむちむち。

逃げ回って、かわいい体があちこちに。

 

4歳児クラスでは、捕まえたカマキリをみんなで寄ってたかって

触っていて、保育園児に捕まるカマキリは気の毒というのも分かりました。

 

それから、給食の試食をさせてもらい、帰りました。

薄味でいいのね、というか、薄味にしなきゃいけないなと

先日の小学校の給食試食会同様、分かりました。

 

【夕方、迎えに行った時の写真】

下のオレンジと紫、上の黒は、1歳児クラスで新聞紙をぐるぐる丸めて

作ったもの。

左の窓にいるのは5歳の次男。

 

保育士さんは工作などが得意で、いつも感心します。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 06:20
comments(0), -, - -
Comment