RSS | ATOM | SEARCH
田んぼで遊ぶ

おととしの農園の研修生で米作りをされている方が市内にいて、

田んぼに誘われ、上の子2人と行って来ました。

林農園は米作りまで手が回らず、田んぼは人に貸したり、

小麦を作るのに使っているので、ありがたいです。

 

その間、夫と三男は洗濯物を干したり、公園に行ったりしたそう。

 

まず元研修生の奥さんがお米にまつわる紙芝居を読んでくれました。

この紙芝居の絵は、ずっと前の研修生が描いたもの。

とっても絵も字も上手で、自費出版で絵本も出している方です。

紙芝居の次は、お待ちかね、紫米や黒米の田んぼでザリガニ探し。

本当は田んぼの草取りで行ったのですがね。


じゃーん、ザリガニ捕まえました。


ズボンをまくって、泥の田んぼに入りました。


楽しそう。


おたまじゃくしからカエルになりかけの、まだしっぽが残っている

カエルを見つけました。

 

終わる頃に雨が降り出して、ギリギリセーフ。

ざっと、体を洗わせてもらいました。


ザリガニたちはこの後、

農園に連れて行かれ、小さいのは鶏のエサになり、

大きい3匹は夕飯に素揚げにされました。

「あゆむ・たくみ・ゆうた」と我が家の子供たちの名前をザリガニに

つけていました。

 

田んぼの草刈りをしているおじさんが「イセエビなんかよりおいしい」と

言っていたので、無農薬の田んぼのザリガニだし、いいかと思って、

残酷ですが料理してしまいました。

 

次男はおいしいと言ってニコニコして食べた後、

「今日は楽しかったね、お礼言っといてね」と言って、眠りましたが、

楽しかったことよりおいしかったことの方が上回っている感じでした。

 

また遊びに行かせてもらおうっと。

私は田んぼ用の長靴を持っていないので、買いに行きたいな。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 12:49
comments(0), -, - -
Comment