RSS | ATOM | SEARCH
ホームスクーラーになったら

アデノウィルス感染のため、月曜から小学校・保育園に行けない長男・次男。

水曜・金曜は夫と過ごし、他の曜日は農園で過ごすことに。

 

小学校の担任の先生には「1週間だと結構漢字が進みますね」と言われました。

夕方私が仕事の後、学校に行き、その日の授業のプリントや宿題をもらい、

家でやって、翌朝学校へ届ける、ということを繰り返しています。

 

先生には「体調も良くないでしょうから、無理しないで下さいね」と

言われたのですが、本人は気になるようで。

 

そんなわけで、私も漢字勉強用にノートを持たせて農園に朝、連れて行き、

「ママが来るお昼までにやっててね」と長男に言ったのですが、

仕事のお昼休みに農園に行くと、長男は、作業場や鶏小屋のところで忙しそう。

 

何かを設置しています。

 

おー、すごい!

段ボールと針金で工夫して作ったよう。

どんなのを作ろうかと頭で考え、それを実現させるには何が必要か、

どのサイズの段ボールがいいか(配送用にスーパーからいろんな段ボールを

もらって来ている)、どうやって作るか、鶏が食べるのに高さはどうかなど

自分で考えたのだと思われる。

 

私が午前中にお願いしていた漢字を勉強するよりいいのでは、と思ってしまった。

 

子供がもっと小さい頃、会社の育児休業中に「まなはぐ」(学びと育みの会)と

いう育児サークルに入っていて、不登校の子供たちの私塾をしている先生や

学校へ行っていない子供のママたちと接した時に学校へ行って学ぶことも

あるし、学校へ行くことの弊害も聞いていた。

家で学ぶことを「ホームスクール」と言い、その子たちは「ホームスクーラー」と

呼ばれ、アメリカでも多いそう。

 

私が専業主婦か軽めのパートくらいが前提で今の正社員じゃ無理かもしれないけど、

農園ならホームスクーラーもいい環境だ、と思いを強くした出来事でした。

と言っても、学校へ行ってもらわないと実際は困るのですが。

夕方保育園に三男を迎えに行った後は、農園に2人を迎えに行き、アリを

捕まえる次男三男。

農園には虫もいっぱい。

author:hayashi-farm, category:育児, 14:28
comments(0), -, - -
Comment