RSS | ATOM | SEARCH
グミの赤がとてもきれい

このドラえもんの絵を描いた次男4歳は

 

保育園の帰り道に弟を抱っこしたいと言い、靴を履かせて歩かせれば

いいのに、抱っこというか、運んでいるという感じ。

弟も、まんざら嫌ではなさそう。


「重たいから、代わって―」と。

前に長男も次男を同じようにしたがった時期がありましたね。

農園では、グミの赤がとてもきれいです。

自然の力って、すごい!

グミは千葉に来てから知ったなぁ、生まれ育った奄美にはなかった。

酸味もありますが、甘くておいしいです。

 

玄関の靴箱の上の窓は、大工さんの手により、取りつけられていました。

 

内側に古い窓


趣がある感じですね。

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 06:05
comments(0), -, - -
Comment