RSS | ATOM | SEARCH
お雛様

実はまだ家のお雛様(私用)を出していなかったのですが、

思いもよらないところで、お雛様を手作りできたので、

今年はそれでよいことにしました。

 

それは、近くの児童センターにて。

夫が花粉症で、午前中病院に行くと言うので、

私と子供3人は児童センターで過ごそうと、途中で降ろしてもらいました。

そうしたら、児童センターに入った途端、

「折り紙のボランティアさんがお雛様の作り方を教えてくれますので、

ぜひどうぞ」と職員さん。

 

うちの子供たちはこういうのが好きなので、参加。私も参加。

頭は綿棒。

好きな柄の折り紙を選ぶのも楽しかったです。

材料が余っているので、と1人2組ずつ作りました。

 

その後は、下2人はすごろくをしたり、



上の子は、この積み重ねるの

途中で、小さい子がやって来て、崩されましたが、

怒るわけでもなく、また初めからやっていました。

 

本当は、もっと木片はあったのですが、児童センターに遊びに来ている

子が多かったので、今日はここまで

こういうのを集中してやるのが好きみたいです。

 

家に帰って、おやつ


 

午後から農園へ

ほぉー、断熱材はこのように使われるのですね。



大工さんが断熱材、「お尻の下に敷くとあったかいよ」と言うので、

使わないという端っこをもらって、作業場で作業中の義母にあげました。

お風呂のイスに座って、野菜の選別をしていたので、早速使ってもらいました。

 

再び帰宅し、次男とちらしずしのケーキを作りました。

ちらし寿司の素は、生活クラブの国産野菜の瓶のを買っていたので、

手抜きです。

季節外れですが、きゅうりを使いたかったので、それはスーパーで買いました。

 

底が抜ける丸いケーキの型に、ラップを敷いて、ちらし寿司の素を混ぜたご飯を

少し入れて、その上に塩鮭、またご飯、次はきゅうり、またご飯、次はでんぶ、

そして飾り付け

林農園のものは、残念ながら卵のみ。
 

やはり子供たちには好評で、おかわりをして食べていました。

ご飯を押しながら重ねていくので、結構な量、入っているのですが。

 

author:hayashi-farm, category:育児, 19:06
comments(0), -, - -
Comment