RSS | ATOM | SEARCH
せっせと働く次男

長男を書道教室に送り、迎えに行くまでの間に次男を連れて農園に行きました。

野菜セットを配達する準備中で、次男も参戦。

 

4歳半でも十分働けます。

まず、ふきのとうを入れ、

 

次は人参

 

準備した野菜の数がコンテナの数ぴったりのはずが、1つ余ったり

足りなかったりが起こると作業が中断してしまいます。

準備の段階から「数」の把握が重要で、そのちょうどの数を準備することが大事。

たとえば1つ多く作ってしまうと、お客さんのコンテナに入れた後、1つ余って、

どこかのコンテナに入れ忘れたのではないか、ということになってしまい、

「どれだどれだ」と探すのに時間を要してしまいます。

 

青いコンテナには葉物は入れないだったか、根菜は入れないだったか

決まっていて、要注意!

普通は1セットなのに、このお客さんは2セット、ということもあるので注意!

このお客さんは「このお野菜は苦手だったり家庭菜園で作っているだったりで

入れない代わりに別のこの野菜を入れる」ということもあり得るので注意!


次はネギ


早く入れていかないとおばに追いつかれる

次男としても、楽しい作業だったようです。

「働いている」とか、「感謝される」とか、「大人と同じことができている」と

いうことがうれしいのでしょうね。


庭のクリスマスローズが咲き始めました。

 

 

author:hayashi-farm, category:野菜セット, 06:25
comments(0), -, - -
Comment