RSS | ATOM | SEARCH
おまんじゅう作り(4/19)

4/19の出来事を今頃載せるのは遅いですが、東金市に

おまんじゅう作りを教わりに行って来ました。

林農園敷地内にある菓子製造業の許可も取っている加工所で、

何か作りたいなと農業事務所の担当の方に教えていただける

先輩農業者の紹介をお願いしていて、今回実現しました。

 

せっかくなので、他に学びたい方も呼びかけていただき、

私含め4人で教わりに行きました。

 

こういうのを作りましたよ。

つくしの焼印の押されたおまんじゅう。

 

まずは、生地となる小麦粉と重曹、ベーキングパウダーをふるって、

 

砂糖・卵・牛乳・水はミキサーで混ぜます。

ボールに入れて、泡立て器でもOKだそう。


ふるった生地にミキサーの中のものを静かに入れ、

手で混ぜ合わせました。

 

それをラップでくるみ、発泡スチロールに入れ、約30分寝かせます。

 

その間におまんじゅうの具になる、すでに作って下さっていたあんこを

丸めておきます。

 

もう1種類、生地に人参の入ったもの(中身はごぼうと人参のきんぴら)も

同様の作り方で作りました。


これもラップに包んで寝かせます。

さすがに生地はオレンジ色ですね。

 

約30分休ませた最初の生地を丸めて伸ばし、あんこを包んで

形を整え、

 

蒸し器に入れます。

 

人参の入ったおまんじゅうも同様の流れで作りました。

中に入れるきんぴらはすでに作って下さっていたのを冷凍したもので、

人参・ごぼうとも切り方は短かったです。

なるほど、中に入れるには短い方がいいですものね。

 

あんこ入りの方が蒸し上がりました。

はじけているのはご愛嬌。

 

コンセントをさして厚くしておいた焼印をおまんじゅうが少し冷めてから、

 

ジュッと押しました。

やり過ぎると焦げるし、加減しすぎると薄いし、難しかったです。

 

人参入り生地×きんぴらも蒸し器へ。

 

おいしくなーれ、おいしくなーれ。

 

蒸し器の下はこんな感じ。

 

あんが真ん中に入っているか、包丁で切ってみました。

 

そのままパクッと食べてもらえると分かりやしないことも

包丁でこんなふうに切られると、上手下手が分かってしまうではないか!

あらあら。

 

先輩女性の皆さんにお昼ご飯まで作っていただきました。
おまんじゅうを教われるだけでありがたいのに、お昼ご飯までとは、

感謝します。

おいしくてペロリとお腹におさまりました。

 

こんな焼肉のたれも作っているのだそうで、1本買わせてもらいましたよ。

 

帰りに寄った東金新宿郵便局で押してもらった風景印は、獅子舞。


郵便局員さんに獅子舞のことを伺いましたが、あまりご存知なさそう。

自分で調べてみようっと。

 

お土産にいただいたおまんじゅう、半分は林農園に差し入れ、

もう半分は子供たちのおやつに。

自分でもおまんじゅう、作れるようになりたいなぁ。

林農園に小麦粉、小豆、卵はあるし、まずは、家で練習してみよう。
 

 

 

author:hayashi-farm, category:研修, 16:25
comments(0), -, - -
Comment