RSS | ATOM | SEARCH
起業セミナーで、いちじく農家の視察へ

印旛農業事務所主催の起業セミナーへ行って来ました。

11/5に家族でいちじく狩りに行った館山のパイオニアファームさんの

視察で、1度行ったので行くかどうか迷いましたが、勉強になる

ことがあるだろうと思い、参加。

義母も水曜なら出荷もないし行けるということで、義母も参加。

 

集合時間が9時で、起床〜保育園の送りまでスムーズにいかないと

間に合わないので心配でしたが、保育園児2人を朝からうまく誘導し、

成功!

 

研修資料によると本日の研修のねらいは、

・起業や6次産業化による経営発展のポイントを学びましょう

・起業家同士の交流を深め、今後の活動発展に向けたヒントを得ましょう

ということだそうです。

 

途中、昼食のために寄った南房総市の道の駅「富楽里とみやま」の外に

見覚えのある葉っぱが。

実家奄美大島にもあるパッションフルーツでした。

さすが、南房総市は暖かい地域だからですね。


着いたのが昼食の予約時間には早く、まず道の駅をふーらふら。

農園内の菓子製造業の許可を取った加工所で何を作ろうかと

考えているところだったので、参考にお菓子をいろいろ見てみました。

さつまいもスティックや


クッキーやパウンドケーキ、


ドーナツなど。

さつまいもの輪切りをただ蒸かして販売、というのもありました。

いよいよ、お昼。

海鮮丼、魚好きなのでうれしい♪

赤ちゃんを抱っこしたまま食べるつもりでしたが、

同じ席の男性が「赤ちゃん、みていますので、先にどうぞ」と。

意外な展開。

(一緒にご参加の奥さんは、私が加入している印旛地域の農業女子の

グループで一緒の方)。

20代前後のお子さんが3人いる先輩パパさんで、子供好きなよう。

「僕、食べるのが早いですので、大丈夫です」ともおっしゃるので、

お言葉に甘えることにしました。

先輩パパさんと赤ちゃんは、店内をお散歩。

おかげさまで、おいしい海鮮丼をお先にいただきました。

先輩パパさんに感謝感謝。

 

館山のパイオニアファームさんに到着。

まず、カフェで資料に沿って農園の概要や現在取り組んでいるもの

などを伺い、農園見学。

ハウスと


露地

枝の伸ばし方なども教わりました。

 

数種類のいちじくの苗木も売っていました。


農園見学の後は、カフェに戻り、いちじくデザートをいただきました。

11/5にいただいたのと同じかな、パウンドケーキやアイスなど。

話を伺って思ったのが、地元館山に貢献したいというご主人の思い!

私は佐倉にも奄美にもそこまでの思いがないなと思いました。

義母に言うと「もう少し住めば、その気持ちは湧いてくるよ」とのことですが。

 

「館山をいちじくの町にしたい」と市長にも自らかけ合い、地域と連携して、

組合を作り、いちじくの産地化を目指し活動をしたり、

若手新規就農者8軒で月に1度、南房総オーガニックというマルシェを開催

していたり、若手農家5軒でNPO法人南房総食育プロジェクトという

食育活動をしていたりするのだそうです。

 

ちなみに、非農家出身で、野菜では経営的に無理と思い、果樹へ、

いちじくは実がつくまで早いし、気候がこの地域に向いているということで、

いちじくを選んだとのことでした。

他にビワやそら豆も作っているそうです。

勉強になることが他にもいろいろありました。

 

帰り道、市原サービスエリアでトイレ休憩。

ちーば君、見っけ。

千葉の形は、ちーばくんが横を向いた形です。

魚やビワや落花生、白菜、人参の絵が。

中には大きいちーば君がいました。


クリスマスっぽいちーば君。


びわの葉は体によいと聞きますが、南房総のびわの葉茶と

いうのが売られていました。

 

この後、予定通り16時半頃に印旛合同庁舎に到着し、

17時の保育園の迎え時間に間に合いました。

子供を保育園に預けている間の最大の時間を使った研修でした。

 

いろんな農家さんがいるのね、いろんな経営の仕方があるのね、と

思いました。

また研修に参加したいと思います。
 

 

author:hayashi-farm, category:研修, 15:23
comments(0), -, - -
Comment