RSS | ATOM | SEARCH
綿帽子を使ったお料理

毎週食材などを宅配してくれる生活クラブの

『鍋帽子を使ってクッキング』に四街道のわろうべの里まで

行ってきました。

 

かぶせておくだけでふっくら保温調理ができるという『綿帽子』、

手作りのものを何点か見せていただきました。

この写真の使い方は反対のようですが、蓋の部分が下でも上でも

よいそうです。

布選びも楽しそうですし、素敵でしたが、手間もかかるし、

場所もとるので、私はこれまで通り、バスタオルや小さい毛布で

包むことになりそうです。
夏は食中毒に注意する必要がありますが、スイカも冷やせるそうです。


シンガポールチキンのでき上がり(鶏もも肉、長ネギ、しょうが、にんにく)。

沸騰して弱火で7-8分煮た後、綿帽子をかぶせて20-30分置きました。


オレンジジュースを使ってのオレンジカスタード(卵・砂糖入り)

これも沸騰したら、弱火で4分。

火からおろして綿帽子をかぶせて20分置いて、冷やして完成。

茶わん蒸しを彷彿とさせました。

外出前にちょこっと作り、帰って来てから食べられそうで、綿帽子いいですね。

 

 

author:hayashi-farm, category:料理教室, 18:10
comments(0), -, - -
Comment