RSS | ATOM | SEARCH
秋の風景

林農園には大粒の実をつける銀杏の木があって、秋は銀杏の作業をしています。

 

拾って、水に浸し皮を腐らせ、実をお日様に干します。

前に、水に浸した後に二層式の洗濯機でぐるぐるやると、

実と皮が分かれるのが早いと義父から聞いた気がしますが、

今年はどうしたか聞き忘れました。

煎って、茶碗蒸しに入れたり、おつまみにしたり。

あんまり食べすぎるとお腹を壊すとも聞いたことがありますが、

何かの成分の影響でしょうか。

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 06:20
comments(0), -, - -
台風一過

台風が過ぎ去りました。

昨夜の風と雨は強かったです。

あー、柿やクルミの葉っぱが落ちて、そうじが大変だ。


畑もパトロール


里芋やら山芋がかわいそうなことになっている。






ポポーがたくさん落ちてたよ、と義妹


土曜出勤の代休で仕事が休みの夫に水ぼうそうと言われていた三男を

病院に連れて行ってもらいました。

治癒証明書がないと保育園に連れていけないので。

そしたら、なんと

「水痘ではありません」ですって!

そうだと思ったんだよ、水ぼうそうっぽくないもん。

水ぶくれもないし、熱もないし、そこまでかゆそうでもないし、湿疹以外は元気。

いつもと変わった様子なし。

最初にかかった時に「本当に水ぼうそうですか」とお医者さんに言えばよかったな。

忙しい月末に、木曜金曜と仕事を1日半休んだというのに。

もう半日は仕事が休みの義妹にまで子守りをお願いしたのに、何てこと!

そうだ、あまりに水ぼうそうっぽくなくて、映画館や児童センターっぽいところに

連れて行ったのだった。

本当に水ぼうそうであれば、周りの人に移して迷惑になるのでよくない行為だったと

後で反省したけど、やっぱり水ぼうそうでなくて、よかった。

 

いっそのことなら、本当に水ぼうそうだった方がよかったのではないかとも思う。

(その場合は、外出させませんよ)

水ぼうそうでなければ、あの湿疹は何だったのか?

まぁ、めでたく明日から登園はできるので、よかったです。

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 12:42
comments(0), -, - -
ポポー

農園内のポポーをもらいました。

 

ポポーとは、こういう木になる

 

こんな果物

 

調べたところによると、

バンレイシ科に属する落葉高木。果実を食用とする。北米原産。

明治期に日本に持ち込まれた。

ポポーやポポーノキ、ポポ、アケビガキとも呼ばれる。

温帯で生育する数少ないバンレイシ科の樹木。

温帯果樹といっても寒さには非常に強い。

農薬散布なしでも栽培できる。

果実は大小不揃いになりやすいが、小さくとも完熟する。

果肉は黄色から薄いオレンジ色でねっとりとした食感。

とても甘く、香りが強い。

(Wikipediaより)

 

私の育った奄美にはなかったので、こちらに来てから知りました。

 

皮をむくと、こんな色


切ると黒い種が。




三男は食べますが、長男次男は嫌いみたい。

直売所で見たことがあると知り合いから聞きました。

ポポーの実が落ちて、ポポーの林みたいになっていて、収量が多そうなので、

直売所に出すか、農園の野菜セットに入れてもいいくらいですね。

おやつだけでは食べきれません。

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 16:23
comments(0), -, - -
散歩

農園を子供と散歩


玉ねぎや水菜など、小さい芽がかわいいです。




長男、もう残り少ない巨峰を収穫。

農園内にもう1種類あるブドウのフレドニアは収穫終了しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 16:30
comments(0), -, - -
野菜畑

毎日暑いですね。

農園では、いろんな野菜が採れているので、紹介します。


これは山芋トンネルです。

農園では「台湾山芋」という粘りのある南方系の山芋を育てています。


きゅうりのトンネル


サツマイモ、

例年、ベニアズマや安納芋や紫芋など5種類くらい育てています。


トマト 大玉トマトやマイクロミニトマトなど


くにゃくにゃした支柱もあります。


長ねぎ


ヤーコン

食べ方が分からないとかあまり好きでないというお客さんもいる傍ら、

キンピラや野菜ジュースを作ったりしています、というお客さんもいます。

地中に生える野菜で、梨みたいなサクサク感があって、甘い野菜です。

葉っぱの形がおもしろいのですが、この写真では分かりにくいですね。


トウモロコシ


ピーマン


里芋


イタリアンパセリ

 

ブドウ



4月に来たヒヨコがすっかり鶏という風貌。

来月卵を産み始めるかな。

久々に畑の様子を載せましたね。

夏は草の伸びが早く、草だらけで、草取りが大変そうです。

引っ越したら、たまに手伝おうかなぁ。

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 03:55
comments(0), -, - -
今日もスモモ狩り

長男の書道教室の帰りに農園でスモモ狩り

 

この脚立よりもうちょっと高いのがほしいよね、と言いながら採っていたら、


義父が「あるよ」と言って、持って来た。

義父が上で摘み、長男は下でキャッチする係り。
私は下に落として実が打撲するのは嫌なので、自分で袋を持って上に上がっていたけどね。

 

たくさん採れました。

まだ実が青いのもあったので、これからも楽しみ。

 

【おまけ】

朝ご飯に玉ねぎとベーコンのスープ。

青みには農園の間引き人参の葉を。

 

昨夕、2つお隣の市(山武市)に就農した林農園の元研修生宅での

バーベキューに私と長男・次男で参加。

昨年に引き続き2回目。

ゆかりおにぎりや農園のチキンソーセージを炒めたり、切り干し大根の煮物を

作ったりして、持って行きました。

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 23:29
comments(0), -, - -
農園のスモモ

農園に入ってすぐ左の畑のスモモが色づいてきたので、収穫


この木なのですが、これじゃあよく分かりませんね。


これでも分からないなぁ。


長男は、このまま食べてくれますが、


次男は皮をむかないと食べない。

さらに三男は種が取り除けるか怪しいので、切ってあげないといけない。

 

奄美のスモモは皮も中も赤紫で、手や服に付くとなかなか落ちないのですが、

こちらのスモモはその心配がなくて、とてもいいです。

 

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 08:25
comments(0), -, - -
そら豆豊作

義母が言うには、今年はそら豆が農業を始めてから1番の出来かも

しれないそうです。


そら豆は豊作だとうれしいなぁ。

例えば、ビーツが豊作と言われても、使いこなすのに困るけど。

これは、茹でる前ですが、茹でた後、三男は皮がやわらかいからか

小さい実が好きなようでした。

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 01:50
comments(0), -, - -
そら豆の花の香り

農園便り「グリーンメッセージ」の発行は私の担当で、

毎月第二火曜(4/3)が発行日なのに、土日にできず、会社の昼休みに

農園に来ました。

子供たちがいたら、できないもんね。

間に合うかなー、と気が焦ります。

 

義母が「今年はそら豆の花が咲くのが早くて、もう香りがするよ」と

言うので、畑に行ってみるものの、私にはあんまり分かりませんでした。

 

先週の配達から、ウドが入っています。

 

さつまいもの芽を出させるのに、踏み床温床を作る、と集めた落ち葉

 

昼休みだけでは終わらなかったので、保育園、学童で子供を迎えに行った

夕方に続きを。

 

夕方に行くと、私がパソコンに向かうには子守りを義父母にお願いしないと

いけないので、悪いのですが。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 05:35
comments(0), -, - -
畑の様子

昨日の畑の様子です。

 

アーモンドの花が咲き、

 

イチゴの花もチラホラ

 

左はそら豆、右はレタスです。

 

トマトやレタス、その他夏野菜


うまく育ってお客さんに届けられますように。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 06:10
comments(0), -, - -