RSS | ATOM | SEARCH
家の外観が変わったぞ・鯉のぼり

朝、農園に行ったら、こんな外壁だったのに、




お昼に行ったら、縦に桟が入っていた。

45cm間隔だそうです。


設計士さんに写真を送ったら、

「桟が入ると引き締まって見えますね」と。確かに。

 

家の中はこんな感じでした。

廊下

 

廊下左はお手洗いや夫の書斎など

 

鯉のぼりがはためいていました。

義父が出してくれたそう。

大安だから出したって。

そこはこだわるところなのですね。

子供たちに見せないと。

 

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 15:17
comments(0), -, - -
外壁続き

仕事のお昼休みに農園へ行くと、外壁の杉板が増えていた!

自分たちが塗ったものなので、気持ちが違います。
 

 

いいねー。


夕方行くと、表が完成していました。
 

横と裏側は明日以降やってもらえるのかも。

楽しみ楽しみ。

author:hayashi-farm, category:家作り, 20:05
comments(0), -, - -
外壁(大工さんのお仕事)・長男お礼状書く

夕方農園へ行くと、昨日とおととい、設計士さんと私たちで

塗った杉板が張られていました。

 

格好いいではありませんか。

 

色もいい。

早速使ってもらえて、うれしくなりました。

 

昨夕、長男(小2)が私の勤め先の社長に書いたハガキ↓

このまえは、やかたぶねにはじめてのれてうれしかったです。

とくにビンゴがたのしかったです。

ぼくたちはあつ力なべとおかしがあたりました。

おちょうりとおかしもおいしかったです。

ありがとうございました。

 

3/31(土)に隅田川を屋形船で上って、浅草辺りでUターン、

夜桜+お料理を楽しんだ勤め先のイベントに参加したお礼のハガキ。

 

字を書くとか切手を選ぶとかが好きで、お礼書かなくちゃ、と。

書道教室から帰って来てからだったので、「筆で書きたいな」と

言っていて、それは難しいんじゃない、ハガキが小さいのに字が大きく

なって、文章が入らないでしょう、と言い、私が選んだスミレのハガキに

自分で線を引き、別の紙に下書き。

 

文章の割にハガキだとそんなに文章が入らないから、圧力鍋は鍋でよい

のでは、と思ったのですが、あつりょくの「りょく」は「力」と

分かったのか、せっかく漢字で書いていたので、口を出さずに。

 

隣で4歳の次男も最近ひらがなに興味があるので、「僕も書く」と

言っていましたが、ちょっと付き合う時間がなかったので、

表面に名前だけ書いてもらいました。

 

切手はムーミン。

 

明日あたり、会社に届いて、社長と奥さんの常務に読んでもらえるかもしれません。

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 20:00
comments(0), -, - -
今日も塗る

杉板塗り2日目。

 

10時スタート

大きい板の表を塗り終え、今日は小さい板や角に使うものなのかカクンと

折れている木を塗った後、大きな板の裏の一部を塗りました。

塗ると塗らないとじゃ、木のもちが違うのだとか。

 

設計士さんは玄関増築部を塗って下さいました。

本当は塗ってから張りたかったようなのですが、

大工さんに話が通っていなかったのか、先に張られていたため。


次男は塗る作業をちょっとやっただけで、遊び始め、昨日大活躍で戦力になっていた

兄ちゃんも今日はあまりやりませんでした。

 

兄弟でヒヨコを見に行こうと。

ヒヨコが捕まえたいけど、小屋が深くて捕まえられず、

外から苗用のポットを持って来て、エサを中に入れ、捕まえる作戦。

結構、頭いいですね。

 

ヒヨコが入って来て、うまく捕まえました。


次男もできた。


三男に触らせると、ギューと握る力が強そうで

「やさしくだよー」とお兄ちゃんたちに言われていました。


 

私が子供の相手をしている間に上の方まで塗り進められていました。


15時過ぎに子供を書道教室に送って、17時に帰って来たら、全て終了していました。


こちらも上まで。

二度三度重ね塗りをして下さったよう。

この後、職人さんが黒く塗って、防水の何かも塗って仕上げて下さるそう。

 

農園のお手洗いの花

八王子から2日も通って下さった設計士さんに感謝です。

「壁に和紙を張る作業の方がもっと大変だからね」と言われました。

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 04:10
comments(0), -, - -
杉板塗り

今日、明日の2日間でリフォームする母屋の外壁に用いる杉板を

塗りましょう、と設計士さんと作業。

 

雨だと延期だったので、今日できてよかったです。

 

設計士さんが用意して下さった弁柄(べんがら)と墨汁と水性系接着剤を

調整していただきました。



試し塗り。

「弁柄はちょっと入れるだけで赤くなるなぁ。

墨汁を思ったより使いそうだ」とのこと。


色の調整が終わり、塗り始めることに。

弁柄が沈み、墨汁が浮くので、混ぜて使わなくては。


三男も参戦


縫って、乾かして。

板を運ぶのも軽くはないですね。


明日、裏の一部を塗ります。


三男は1人で出歩こうとするので、塗る作業も大事ですが、中断して

追いかけて、昨日やってきたヒヨコを見せることに。

じーっと見ていました。

1年前ヒヨコだった鶏の小屋

おしりの毛がふわふわ。

 

義父は今日配達分のウドを採りに地下へ。

次男は誘われたのですが、「怖いから行かない」と。


次男「ゆうちゃん(弟)が落ちるから、ちゃんと見ててー!!」


塗る作業に飽きた次男はウドを袋に入れるお手伝いをしていました。


その後は、ブルトーザー

長男は集中して頑張っていて、設計士さんに

「たいしたもんだね、無駄な動きがない。

ぶきっちょな大人よりずっといいよ」と褒められていました。

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 21:35
comments(0), -, - -
打ち合わせ

家のリフォームの打ち合わせ、設計士さんと施工業者さんと

このところ、隔週土曜にやっています。

ここのコンセントはいりません、とか

このドアはこちら側に変更できませんか、とか図面を見ながら。

雨の日や完全に乾いていない洗濯物を室内のどこに干すか、2ヶ所考えて

いたのですが、候補の場所の天井が高過ぎるので、どう工夫したら

その場所に干せるかとか、ここ(洗面台・洗濯機近く)にも

ステンレスのポールを通すといいのでは、とか助言をいただいたり。

 

夫と意見が割れているのが、寝室の暗さ。

私は明るい方がよく、夫は寝る場所なんだから明るさは必要ないでしょ、と。

子供たちに絵本を読んであげるにも、今のアパートのように真上に電気があると

まぶしくて、読めないし、と。

 

私は暗くもできて、でも光はほしいと思うんだけどなぁ。

設計士さんはあまりに暗いと、探し物をするにも懐中電灯が必要になるよ、とか

若いうちは目が見えるけど、年取ったら見えなくなるんだよ、とか

施工業者さんは電気をつける位置や傘の大きさを考えるのはどう?とか

経験による意見などを言っていただき、決定するのはまだ先でも間に合うと

いうので、次回の打ち合わせまで持ち越し。

 

掘りごたつには、断熱材が入り始めていました。

 

今日はお風呂を見ることができました。

大きい窓の内側にブラインドをつけるらしい。

 

今日は大工さん2人態勢で、玄関増築部の作業をやって下さっていました。

(4人態勢のこともある)




 

戸袋というのか、この古めかしいのは、左は残して、右は取ってしまうそう。

「取るのはもったいないんだけどね」と設計士さん。

 

義妹が仕事が休みでキウイフルーツの剪定をしていたので、

上2人の子供はその周りで木に登ったり、カエルを捕まえたりして遊んでいました。

カエルもせっかく春になって出てきたのに、早速子供に捕まって

かわいそうではあります。

下の子は抱っこやおんぶや少し下して遊んでもらったり。

体重も10kgを過ぎると、重たいです。

 

長男は、ぶどうの木に登ったネコにいじわるをして、木を揺さぶったりも。

ネコとしては、下にいると子供たちに追いかけられたり、はさみうちされるから

木に登っただろうに。

 

打ち合わせが終わったら、義母が昼食を作ってくれていて、

ごちそうになりました。

助かります。

三男はスプーン使いが上手になりました。

次回の打ち合わせも2週間後。

設計士さんと一緒に、土日の2日間で外側に使う木に色を家族で塗るらしい。

子供たちも楽しめそう。

晴れることを祈ろう。雨だと延期になるらしいので。

 

2週間の間で、寝室の明るさ暗さ問題以外に玄関増築部を考えないと。

コートをどこにかけるとか、古新聞や週1回配達の生協の発泡スチロールや

プラスチックの箱をどこに置くとか、車の鍵をどこに置くとか、

スリッパの置き場やブーメランや縄跳びなど子供の遊ぶ物の置き場も。

それによって、棚やポールの作り方、付け方が違ってくるので。

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 06:22
comments(0), -, - -
サッシ、増えてく

家のリフォーム、サッシが増えていっています。

ガラスの色に「ブロンズ」というのを選んだのですが、

外から内側が見えにくいくらい色が入っている気がします。


 

家の裏は、手前から勝手口、お手洗い、夫の書斎、クロークです。

 

クロークの窓は、以前の窓を利用します。

その方が安いと言われたので。

工事が進んでいくと、どんな感じか分かってうれしいです。

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 06:20
comments(0), -, - -
サッシが入りました

リフォームしている農園の母屋にサッシが入り始めました。

 

このサッシ、設計士さんや施工業者さんが思っていたのより質がいいもので、

ペアガラスよりいいもの。

二重でなく三重?

お金、いくらの差だったんだろう?

 

夫が本などで調べて、サッシをいいものにした方が冷暖房費などが

おさえられるらしい、と言って、私は「そこまでする必要あるの?」と

思ったのですが、もうそう決まってしまいました。

寒くなきゃ、いいや。

いい断熱材にいいサッシ、寒くない家になることでしょう。

 

上の横に8枚くらい並んでいるガラスは替えられないのかそのままなので、

そこだけは結露してしまうそうです。


換気のため、お風呂には窓2ヶ所

 

ここの上の窓も替えないので、結露予定

 

内側から見ると

 

長男がいる付近は、洗濯機置き場とお風呂場

農作業中に長靴を脱がずに入れる外のトイレは、そのまま。

手前の白い扉ね。

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 17:54
comments(0), -, - -
新しい屋根

増築部に新しい屋根ができ始めました。


 

洗濯機置き場とお風呂場

 

新しい大きい木が入れられていました。


 

何か分からないものを見つけました。

とがっているものがグルグル。
蚊取り線香みたい。

大工さんに聞いたら、鉄砲みたいにバキュンバキュンと釘を打っていけるものが

あるらしく、その釘なんだそう。

今度は使っているところを見せてもらわねば。

 

倉庫近くには、ゴザか畳の表のようなものがありました。

畑で草をおさえるのに使うんだっけ?

父か母に聞いておこう。

 

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 05:35
comments(0), -, - -
家作り、進んでいます

仕事の昼休みに農園に行ったら、大工さんが2人でノミみたいなものを

研いでいました。

「昔はもっと頻繁に研いでいたよ」とのこと。

道具を使う頻度が昔より少なっているそうで。

 

新しい材木が上に入れられていました。





掘りごたつ、どんなだったっけ?

掘りごたつは夫任せなので、分かっていない・・・。

作業の様子をずっと見ていられれば楽しそうです。

時間がなくて、職場に戻るのですが。

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 13:00
comments(0), -, - -