RSS | ATOM | SEARCH
新しい知識を得る日々

9月中旬から勤めた隣町八街(やちまた)の会社(製造業の事務)が

土日祝日休みのはずが、入社してみたら月に1,2回土曜出勤があって、

その代休はなく、会社はバスは通っておらず車でしか行けないところに

あるのに、車は1台しかない我が家。

 

土曜朝、家族全員車に乗り、私を会社まで送って行き、

帰りは会社の人に家まで送ってもらう(全くその方の家の方向は違うのに)とか、

朝、農園まで送ってもらい、義父に車を借りて、帰りは農園にまた夫たちに迎えに

来てもらうとか、夫は1日子供たちを1人で見なくちゃいけないし、私は

4人のお昼ご飯を作ってから出ないといけないしで、困っていました。

 

その上、子供の学校で引き受けている役員の活動や子供の病気で休むのも

いい顔をする会社でなかったので、今回転職することに。

 

その先は、車屋さん。

乗用車ではなく、トラック。

営業アシスタントです。

通勤がさらに近くなりました。

小型(2t)、中型(4t)、大型(10t)とあり、

三菱、日野、いすゞ、日産の小型車・中型車・大型車の名前を覚えたり

(三菱ならキャンター・ファイター・スーパーグレート)、

ウィング車や平ボディ、冷蔵車がどんなのとか勉強中。

 

私の免許証も総重量8トンまでなら運転してOKだったことを思い出しました。

 

周りの人が話している言葉で分からないのがあれば、ネットで調べたりも。

「アームロールがどう」とか「4列ジョロダー」とか「あおりの長さがどう」とか。

 

「あおり」については、入社して1番目に覚えた言葉で、ご存知の方も多いかも

しれませんが、トラックの荷台を囲む部分です(名前なんてあったのね!)。

帰って夫に「あおりって知ってる?」と聞いたら、知らないと思って聞いたのに、知ってた!

「あおり、下げて」とか使うでしょ、と。

農家だから知ってるんだな、小さいトラックだけど、いろいろ載せたり降ろしたり

するもんね。

出身の農業高校でも使ったりしたのかも。

 

トラックにはマニュアル以外になんと、セミオートマというのもあるらしい。

クラッチペダルのないオートマみたいな感じだそう。

 

「陸送屋さん」(買ってもらったトラックをお客さんのところまで運んでもらう)

の存在や「日刊自動車新聞」の存在も初めて知りました。

 

新聞一面は「2月の新車販売台数」や

 

トヨタ元社長のお別れの会のことなど。

農業分野にも「日本農業新聞」というのが当たり前のようにありますが、

車業界にも同様にあるのですね。

 

今まで知らなかったことを学ぶのは楽しいです。

車で運転していても、トラックにばかり目がいきます。

 

ざっと知識を身に付けた後は、電話に出たり、電話をかけたりしないと

いけないので、その部分も学ばないといけません。

隣の席の週3回のパートさんで年配の方がとても電話対応がお上手。

今までもずっと電話のお仕事をされていたようで、感じがよく、

うまく相手から情報を聞き出したり、うまく買い進めるように話をしたり。

迷惑がっているような相手にも、うまくお詫びしながら次に続くように

話をしたり。

感心してばかりでなく、私も勉強しなくては!

そういう本を週末に図書館に探しに行こうかなぁ。

 

ところで、先日の土曜日に小学校の授業参観があり、同日に保護者で裏山の木を

切りたいので協力してもらえないかというお便りが配られていました。

授業参観は2時間目なので、1時間目に木を切り、3時間目に切った木をまとめるという内容。

 

お便りには、

燃料は学校で用意しますので、

1、チェンソーを持っていて、使いこなせる

2、チェンソーは持っていないけど、使いこなせる

3、チェンソーは使えないけど、切った木をまとめることはできる

みたいな3択があり、夫は「1」に該当。

小学校に在籍している子供の数が少なく、50名くらいで、多分兄弟もいるので、

世帯数が40くらいだとすると、チェンソーが使える人なんて、もしかしたら、

夫くらいかも。

農家さんは他にいるけど、お米やお花の農家さんだし、山を持っていれば

別だけど、チェンソーは使えないんじゃないかな。

 

夫も出身小学校だからか、たまには木を切りたいのか、やりたそうだったのに、

私が前の会社の最終出勤日で引継ぎがあり、仕事を抜けられず、2人では小学校に

行けなかったので、チェンソーでバンバン木を切ってもらうことができませんでした。

下の子2人の面倒を見る人がいないので、夫は木を切らず、子守り。

 

子供が小さいうちに働くならは、家〜職場〜保育園や小学校が近く、土日祝日休みの

仕事に限ります。

そして、土日休みをクリアするなら、職種は選べない、ということも学びました。

看護師さんのような資格があったり、何か腕に技術があれば別でしょうが。

 

本当は子供がいないうちから勤めている会社で、産休育休後も働く方がいいですね。

自分の興味関心のある分野の会社で、信頼関係も築けていて、会社の風潮が

育休後も多少休んでもなんとかなる、子育て世代に理解のある会社名なら。

私はそのような東京の会社を三男の育休明けに退職してしまいましたが、距離さえ

遠くなかったら、惜しかったな、と思います。

給料面でもそちらの方が断然よい。

 

今は、新しい職場環境で仕事を覚え、周囲の人ともうまくやっていかないと

いけないのに、子供の病気で早退したり、学校行事で中抜けしたりと心苦しいです。

給料面でもだいぶ妥協です。

 

まぁとにかく、新しい会社は働きやすいといいです。

長文になってしまい、ごめんなさい。

 

 

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 13:15
comments(0), -, - -
仕事中に思うこと

仕事中、売掛金台帳や領収書を作っている時に押すスタンプ

(農園の仕事ではなく、外での事務の仕事)

「相手を殺す」と書く「相殺(そうさい)」

辞書によると、

「差し引きして帳消しにすること」

「貸し借り・損得などを互いに消し合ってゼロにすること」

 

言い当てているけど、怖いなぁと思いながら、仕事しています。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 06:20
comments(0), -, - -
シューズケース作り

先週に引き続き、千葉駅にある手芸屋さんで、縫い物教室。

今日は「シューズケース」作り。

三男用。

 

前回の緑系のペンギン布と帆布の余り布で作りました。

前回のスクールバック同様、下を強くしたいので無地の帆布、上がペンギン柄。

 

今回の講師も前回と同じで腕が抜群の方。

作っている途中で、「やっぱり長さが少し足りない、と思ったら、

やり方があるから言ってね」と言われていました。

後半、少し長さが足りないかなと思い、お伝えすると、

「そうしたら、24×4僂鬘暇臉擇辰董廚噺世錣譟∪擇辰董△弔覆欧董

間に持ち手のベルトを通し、

 

言われるがままだけど、どんなふうになるのか見えてきた!

ベルトの付け方も通常のやり方と違う。

でき上がりの見た目は同じだけど。

へぇーと感心。

講師の方の技術や知識ってすごい!

 

最後にアイロンをかけてくれ、完成。

左は大きさの参考に持って来た、おととし作ったキルティング地のもの。

次男用、はらぺこあおむし柄

女の子のママも来ていて、一緒に作りましたが、ピンク系の布で、

「女の子だとこういう色を選ぶよね、私も選んだだろうな」と

少し羨ましかったです。

我が家は男3人なので。

ペンギン柄はこれで3種類になりました。

前回のスクールバックと


その前の図書館の本用バックと


講師の方がすばらしいので、きれいにできてうれしいです。

仕上げにアイロンをかけるとよい、というのを学びました。

 

来週ある巾着作りには来られないので、3月の回に行けるとうれしいな。

お弁当箱用のを作りたいです。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 15:40
comments(0), -, - -
縫い物教室

入園入学シーズンの前に開かれる千葉駅にある手芸店での縫い物教室。

今日はスクールバック作り。

他にシューズケースや巾着があります。

 

夫に子供3人お願いして、行って来ました。

このお店で材料さえ買えば、無料で教えていただけます。

ミシンやロックミシンやアイロンも貸していただけます。

私は何度も利用していて、とてもありがたいサービスです。

 

秋に大きいバックを作る講座で作ったバックの

 

残り布で作りました。

持ち手だけは今回買いました。

下は帆布で頑丈に、上はペンギンさんの柄。

ポケットはどちらの布でもよかったのですが、柄合わせが大変だからと

無地にしました。
 

サイズも希望を言えるし、裏地をつけたいとか、布を2種類使いたいとか、

ポケットをつけたいとか、マチを何センチにしたいとかも言えます。

今回も丁寧で技術の高い方が講師で助かりました。

 

ロックミシンに糸が4本かかっていて(通常は3本か2本)、端が頑丈

布やベルトの厚みやその厚みの差にミシンのコンピューターがエラーを示し、

予定とは違ったバックの口の縫い方に。

でも「このやり方がダメなら別のやり方があるよ」とか「こっちを上にして

縫った方が布がよってこないよ」とか「何ミリ幅で縫いたいから、

目はここを見ながらミシンを走らせて」とか的確なアドバイスをくれるので、

その都度、講師の方に感心しました。

すばらしい。

 

最後は講師の方がアイロンをかけてくれて、完成。

おかげさまできれいな仕上がり。

三男用。

長男用のバックもこちらで教えていただいたキルティングのスクールバックですが、

古くなってきたので、また来年あたり作りに来よう。

家でもできなくはないのですが、子供たちがいるとなかなか・・・。

それに出向いて作りに行った方が、講師もいるので、チャチャっとできます。

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 15:35
comments(0), -, - -
昼休みに

新しい会社に勤め始めて、約1ヶ月が経ちました。

梱包資材の製造の事務です。

 

まだ覚えることがたくさんあり、ミスをしたり、やることに時間が

かかったりしますが、周りの皆さんのおかげもあり、少しずつ

慣れてきました。

 

ところで、会社の昼休みに楽しみが増えました。

ある男性社員が買っているというマンガ「モーニング」を休憩室で発見!

「読んでいいよ」と許可をいただきました。

 

私たちが使う休憩室と別で、現場の方の休憩室にあり、たまに行くのですが、

そこに「モーニング」があるのが目に入り、誰のかなぁと思っていました。

その持ち主が最近分かりました。

 

「コウノドリ」という妊娠・出産を話題にしたマンガが連載されていて、

2年前にドラマ化、この秋も続きがドラマ化されていて、連載が読みたいと

ずっと思っていましたが、読めずじまいだったので、とてもうれしい。

 

過去2年分くらい、その休憩室に置いているそうなので、読ませてもらおうっと。

といっても、貴重な昼休み、昼食後に保育園や小学校からのお手紙に目を通したり、

郵便局に行ったりすると、なかなかマンガが読めそうにありません。

週1、2日くらいは読みたいなぁ。

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 12:46
comments(0), -, - -
おしどりマコ&ケン、原発ぶっちゃけトーク

農園ではゴマの収穫をし、乾燥中

 

ホトトギスも咲き始めました。


夫に子供3人をお願いし、「さくら・市民ネットワーク」主催の

吉本芸人「おしどりマコ&ケン」さんの原発の話を聞きに

佐倉市立美術館へ行きました。

原発の今の状態を知りたいと思っていた矢先にこのお知らせを

見て、申し込んでいました。

 

奥様マコさんがしゃべり、旦那さんケンさんがパソコンの映像担当で、

このお2人のトークショーに行くのは2回目。

 

1回目もマコさんってとても優秀だなぁと思いましたが、今回も同じく。

いろいろ勉強していて、頭にも数字や年号がちゃんと入っていて、話がうまい。

 

子供や大人の甲状腺ガンが増えてきた頃から、

福島県「県民健康管理調査」検討委員会及び甲状腺検査の一般傍聴と記者の

人数が増えてきたそうです。

キーワードは『外』で、外仕事の配達員や農家やもしかしたら、文化部の学生より

運動部の学生の方が疑いも含めた甲状腺ガンの発生率が高そうと言っていました。

 

福島県立医科大では患者さんが増加し、病室が空いていないのだそうです。

新しく病棟もできたとか。

 

「農作業における放射線対策と健康講座」では、

自宅回りや畑は除染してくれていても、自宅から畑へ行く林道は除染されていない

ので除染してほしい、というような意見が出ても「追加被曝をおさえるために、

息を止めて駆け抜けろ」とか「鼻をかめ」とか「放射能とは共存し、工夫を」と

いうようなことを国・市からは言われるのだそうです。

何だ、それは?!と思いました。

避難区域が解除になる地域でも心配です。

 

汚染土壌の再生利用として、公園の地面のどの程度かの深いところに使う

というような案もあるそうです。

中間貯蔵除去土壌を減らすアテに公園とは、何のメリットもありません。

 

超高濃度汚染水が漏れている話も。

 

何十年も玉ねぎを作っているけど、最近、こんな根が4つある玉ねぎが

採れるようになったと農家さんが集まりに持って来ることもあるそうです。

放射能が関係しているのかどうか。

 

原発の事故から6年半。

改めて、大変な時代に生きていると思いました。

これからも情報を得にいこうと思います。

 

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 05:05
comments(0), -, - -
図書館用バックを作る

たまに行く千葉駅のドリームという手芸屋さんにバック作りを

教わりに行って来ました。

材料をその手芸屋さんで買えば無料で教われるという講座で、

9/16(土)は「マチたっぷりバック作り」とホームページに

載っていて、子供たちの図書館用バック(絵本や紙芝居、DVDを

入れる)がほしいと思っていたので、夫に子供3人をお願いして、

行って来ました。

 

案内にはこのバックを作ると載っていましたが、

 

4名募集のところ、私1名しかおらず、自由がきくようで、

「他のバックでもいいですよ」と言われ、上のバックも作ってみたかった

のですが、前々からどうやって作るのだろう?と気になっていた、

4面のバックを教わりました。

下の図面にあるバックで、「ママトートバック」となっていますが、

保育園のお布団用バックでこのタイプが使われていることが多いです。

私がこれまで作ったお布団用バックは、スクールバックを大きく作った

ようなもので、ただマチを広くとったものですが。

この図面を見ただけじゃ、私には作れません。

講師の方がいて下さって、とても助かりました。

しかも前回もお世話になった技術力の高い、親切な方でした。

何をどう希望しても教えられるとは、感心します。

 

本を入れても問題なさそうな頑丈な布にしようと思い、帆布を選び、

両サイドに作るポケットは同じ無地じゃ寂しいので、同系色で

細かめの柄のを探して、ペンギン柄にしました。

この布選びが楽しいですね。

でも、布選びに時間がかかると作業時間が短くなるので、気は焦ります。

それから、持ち手を頑丈にするのに平たいベルトを帆布で包むということで、

平たい黒いベルトと帆布に合う緑の糸を買って、ようやく作業開始。

 

下糸をボビンに巻き、裁断して(講師)、まずはポケットを縫います(私)。

最近はこんな便利な道具があるのですね。

磁石になっていて、どれくらいのところを縫うかに合わせて、

固定するもの。

といってもすぐ動いてしまうのですが、ないよりも助かります。

 

布を裁断するためにチャコペンで印をつけますが、こういう色が

濃い目の布に印をつけるのによい白いのを持っていなかったので、

講師の方にお借りしました。

 

家でやるとなると裁断から苦労しますが、講師のおかげで

とてもスムーズで、言われるがままやり進めるという感じです。

 

時間に余裕もないので、作り始めの写真は撮れませんでしたが、

最後はこんなふうでした。

持ち手の中央部を半分にすることもできると言われ、そうしてみました。

こういう持ち手のバック、ありますよね。

 

やったー、完成。

 

立てるとこんな感じ。

 

ポケット、ペンギンが逆さになっていなくてよかった。

ポケットには図書館のカードを入れよう。

図書館に飲み物の持ち込みはいけないけど、ペットボトルを

入れるのにちょうどよさそうな大きさです。

13時〜16時の講座で布選びも含め、ちょうどの時間で終わりました。

マチ針を使ったり、しつけ糸で縫わなくても、アイロンでぎゅっと

おさえれば、そのまま縫えて、それも失敗せずに。

アイロンってすごいなと思いました。

 

4面の布を輪にして、最後に底になる布を合わせるところが

難しかったです。

布代などに2,000円くらいかかっていますが、まだ無地・柄とも布が

余っているので、上履き入れなど他のバックが作れそうだし、

教えていただき、2,000円でバックが作れるなんて、ありがたいです。

 

子供たちも喜んでくれ、本当はもう1つ欲しいのだとか。

長男用と次男用と。

家でもう1つ作るには、技術的にも時間的にも難しそう。

また、手芸屋さんでちょうどいい講座があれば作りたいです。

 

1人時間、ストレス解消にもなりました。

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 16:30
comments(0), -, - -
おー、何てこと!

駅に車を止める必要がある時に利用する駐車場

JR佐倉駅にも物井駅にもあって、値段が安いので助かります。

 

先払いで、この機械で支払いを済ませ、出てくるシールのような証明書を

フロントガラスから見える場所に置くか貼るかしなければいけません。

1,000円札が使えないのが難点・・・。

100円玉や500円玉、スイカやパスモなどのICカードは使えるのですが。

今日の私のお財布は、お札はあれど、100円玉は2枚だけ、500円玉もなし。

スイカには180円くらいしかないし。

時間もないし、取り急ぎ連絡先の写真を撮って、用事を済ませに急いで駅へ。

 

そして、出先で電話をしてみる。

 

私「500円玉も100円4枚もなく、払わないまま、駐車場を後にしてしまいました」

相手『帰りに払ってもらえればOK。領収書は必ず「あり」にして、見回りの者が

未払いの紙を置いて行っているかもしれないから、裏面を見て、インターネットで

解除の手続きをしてね、その時に領収書にある番号を入力するところがあるから」

 

私「5,000円札や1万円札は使えなくても、1,000円札は使えるようにしてほしい」

相手「そうなんですよ、古い機械から替えているところですが、お釣りが出ない

機械を使っているところもあるくらいでして。お客様からこういう声がありました

ということは上の者に伝えておきますね」

 

お釣りが出ない機械を使っているなんて、そんなー。

1,000円札は使えないし、それで営業していいのだろうか。

 

帰りにありました、ありました。

払うつもりはあるのですよ、でもズルした人みたいに見えてしまうな、

車にこんなの置かれると。

 

解除の手続きをしないと、

写真を貼り出されたり(どこへ?)、警察へ通報されたり、

違約金・諸費用の請求をされたり、この会社全駐車場への出入り禁止などに

なってしまうのだそう。

恐ろしやー。

 

払うつもりはあるのにな。

こちら側としても、ここを利用する予定があるなら、お財布の中身を

ここ対応にしておかないといけませんね。

もっと駅前の駐車場に停めると800円かかってしまうので、400円のこちらが

いいですし。

 

なんだかなぁというお話でした。

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 12:25
comments(0), -, - -
和菓子屋さんの絵手紙

義母妹に、体調の悪い三男の面倒をみてもらったお礼に、

和菓子屋さんに豆大福を買いに行きました。

前回食べてみておいしかったので。

佐倉市内にある、このお店に行くのは、2度目。

豆大福が130円とありがたいお値段。

もっと高くてもいいのに、と思ってしまう。

 

そこで目につくのは、絵手紙の数々

お友達が描いて下さるそう。

ありがたいお友達ですね。

これがあるとないとじゃ、違います。

 

農園に6つ、我が家に4つ

温かいお茶といただきたいところですが、暑かったので、

冷たいお茶にしました。

お茶の時間、ちょっと贅沢をしました。

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 12:45
comments(0), -, - -
チーバくんの生みの親

市川市へ行って来ました。

お魚がかわいいマンホール

市川というのは、佐倉からすると、もう東京という感じです。

五反田まで仕事に通っていた時は、市川在住の同僚が羨ましかったです。

通勤に要する時間が違うので。

なぜ、市川市へ行ったかというと、チーバくんやsuicaのペンギンを生んだ

坂崎千春さん(絵本作家・イラストレーター)の展示会を見るためでした。

※ご存知ない方に説明すると、「チーバくん」とは、横から見た姿が

千葉の形をしている生き物で、千葉県のマスコットキャラクターで、

もともとは2010年にあった「ゆめ半島千葉国体」「ゆめ半島千葉大会」の

マスコットキャラクターです。


パソコンのパワーポイントの授業で、自分の何かしら興味のあるものを

5分間で発表することになっていて、もともと好きだったチーバくんを

調べている時にこの展示会のことを知りました。

無責任に発表もできないので、ちょうどいいタイミングで展示会があるのなら

見に行かねば、見に行きたいと時間を作り、暑い中歩いて、ようやく到着。

会場が2つあって、まずはメインの吉澤ガーデンギャラリー。

 

坂崎さんがマスコットキャラクターを考えるのに、千葉名産の

ピーナッツや菜の花をモチーフに、とも思われたそうですが、

千葉県の地図を眺めていたところ、千葉の形が動物のように見えた

ところからトレーシングペーパーを重ねて、鼻と耳が見えてきて・・・、

と今のチーバくんが生まれたそうです。

野田市と銚子市のどちらを鼻にするかとか、体の形がふっくらか

シャープかとか、色は黄色か赤か、とか今のチーバくんに至る

経緯が分かる図です。

 

ダイハツのCMの「カクカクシカジカ」も坂崎さんのデザイン

 

他にも千葉工業大学の「チバニ―」

市川市のマスコットキャラクター「クロロとバララ」

(クロマツとバラが市の木花だそう)

市川市文化振興財団公式キャラクターの「アートくんとメロディーさん」

そうそう、坂崎さんは市川市出身とのこと。

 

マガジンハウスの雑誌「ku:nel」のクーネルくんも。

 

千葉県内の道路工事のところで、これ見たことある!


次は、歩いて10分はかかったかな、木内ギャラリーへ。


ここでもチーバくんが生まれる様子が分かりました。

 

千葉国体で行われた競技。

写真を撮ったのはこれだけですが、もっと他の競技をしているチーバくんがいました。



とんがっているチーバくん。

やっぱり丸っこい方がみんなに愛されそうだ。

 

今は舌になっている浦安市がヒゲだったらバージョン

ちょっと大人なチーバくん

 

さっきの銚子市が鼻だったらバージョン。

何だかコアラみたい。

 

佐倉に着いてから、図書館で坂崎さんの本を借りました。

そこにあった文章を抜粋。

「私が生み出したキャラクターたちはそれぞれの場所で、応援して

下さる方々に育てていただいて、自分が描き始めた時には考えも

しなかったダイナミックで楽しい成長を見せてくれています。

作り手として、こんなにうれしいことはありません。」

 

インターネットで調べたら、こういうのもありました。

メモしたものなので、ちょっと文章がカットされているかもしれませんが。

「子供たちが地域学習をする時、チーバくんはごく自然な流れで

顔を出します。そして、子供の時に目にしたものはずっと忘れません。

千葉県で育った私が千葉県の子供たちにとってそんな存在になるなんて。

自分が想像していた以上に大きな役目を担っていると感じます」

 

キャラクターを考えるお仕事も大変なのだろうなと思いました。

坂崎さん、私も子供たちもチーバくんが大好きですよ。

目が印西市付近で、こめかみが成田市付近だと思うので、佐倉市は

その近くですね。

住まいを人に知らせる時は、チーバくんの体の部位で言いますので。

 

坂崎さん、字もとてもおきれいでした。

(字がきれいな人、大好き)

とてもよい1人時間でした。

 

さぁ、パワーポイントのスライド、作ろう。

 

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 15:53
comments(0), -, - -