RSS | ATOM | SEARCH
誕生日だけど、何かとせわしい

今日は私の誕生日で、朝起きたら、テーブルにお花が置かれていました。

このところ、夫からはお花をもらいます。

昨夜仕事帰りに買った模様。

お花はいいですね。

三男が咳込がひどいので、病院へ。

平日、仕事が休めなかったので、ようやく。

その間、長男次男は、公園で夫とサッカーや自転車乗り。

三男は早起きし過ぎて(5時台。私は1人の時間が全くなかった)

眠いせいか、病院の待ち時間も調剤薬局でも騒いでいて、

帰りの車の中でようやく眠った。

 

午後からは、長男スイミング。

次男が見に行きたいと言うので、一緒に連れて行き、

「トイレに行きたい」と言って、1人でトイレへ。

なかなか出て来ないので、男性トイレだけど、ちょっと覗いてみると

スリッパのマークに合わせてスリッパを並べていた!

確かテレビで、子供に靴を並べてもらうには、玄関に靴のマークを

つけるとそれに合わせて並べてくれると言っていたけど、本当なのね。

感心、感心。

 

子供たちは「誕生日だから、ケーキだよね」と楽しみにしていたけど、

和菓子を買いに行きました。

昨秋、家庭教育学級でお世話になった隣町、八街(やちまた)の「おきなや」さんへ。

ケーキより和菓子がよくなったとは、私も年を取ったものだと思いますが、

先週、会社の営業の男性が女性社員にショートケーキを買って来てくれ、

ケーキは食べたばかりというのと、「おきなや」さんに行ったことがなかったので、

これを機に行ってみようと思ったのと。

左上が「おひなさま」でその右は「うぐいす」、左下2つは春っぽい。

和菓子って美しいですね。

子供たちは選ぶのに迷いに迷って、「1人3つくらいがいい」と

言っていましたが、1つにしてもらいました。


誕生日ですが、気忙しい1日でした。

まぁ、子供がいるのでこんなものでしょう。

早くも人生折り返し地点という感じですが、

健康にここまで暮らしてきたので、感謝しましょう。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 12:55
comments(0), -, - -
お兄ちゃんたちって

ぼくのお兄ちゃんたち、お風呂上りに時々おかしいことをし始める。

 

『パンツパーティー』と言って、ズボンを頭にかぶり、パパのパンツを2枚

頭と肩に通したり、なぜか自分のパンツをお腹に洗濯ばさみで留めたり、


2番目のお兄ちゃんなんて、ぼくの紙おむつをかぶっている。

もちろん、まだ使っていないものね。


大丈夫なんだろうか、お兄ちゃんたちの頭の中


次は、ぼくのエプロンまでしている。おかしなお兄ちゃん


 

ちょっと変なおうちに生まれてきたかもしれない

ママはそんな2人を見て、「志村けん」という人を思い出すそうだ。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 06:40
comments(0), -, - -
コーヒー講座

小学校の家庭教育学級の役員を引き受けていて、最終回の7回目。

市内のカフェ、アインさんに講師を依頼し、おいしいコーヒーの淹れ方を

学ぶコーヒー講座。

9名参加。

まずは、珈琲ドリルで知識を学ぶ。

コーヒーを生産するのは60ヶ国あるそうで、赤道をはさんで

北緯25度、南緯25度の熱帯・亜熱帯のエリアで「コーヒーベルト」と

呼ばれるそう。

ちなみに、その外側は「ティーベルト」と呼ばれるとのこと。

日本はティーベルトでしょうね。

 

8年前くらいに夫と旅行したバヌアツ共和国(ニューカレドニア近く)は

コーヒーの木がたくさんあって、豆を天日干ししている農家さんを

見せてもらったことを思い出しました。

 

抽出器具の種類と特徴も学びました。

レギュラーコーヒー用のドリップ式には、扇形フィルター、円すい型フィルター、

ネルドリップと3種類あり、3つ穴だと蒸らしの効果が少なく、お湯が

抜けやすいので軽めのコーヒーに仕上がるとか、1つ穴だと蒸らしの効果が

高いので、濃いめのコーヒーを淹れるのに向いているとか、ネル袋の取り扱いは

手間だが、本格的なコーヒーの風味が引き出せるとか、教えていただきました。

 

そして、実際の淹れ方を拝見

 

優しくゆっくり淹れないといけないようでした


この後、自分たちでも2回淹れましたが、お湯を少しずつ注ぐのが

難しい。

つい、ドバっと入れてしまう。

 

おいしいコーヒーがいただけました。

その後、閉級式で校長先生と教頭先生にお言葉をいただき、終了。

市からの5万円で1年間活動していたので、その報告書を作ったり、

領収書を貼ったりの作業をしないといけません。

それまで終えないとホッとできないなぁ。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 07:35
comments(0), -, - -
羽根つき

小1長男が学校で昔の遊びをしているそうで、どういうのをやっているか

尋ねたら、「けん玉・おはじき・コマ回し・ダルマ落とし・ビー玉・

かるた・あやとり・福笑い・凧揚げ・お手玉・羽根つき」だそう。

楽しそう、私もやりたい。

 

家でも「羽根つきをやろう」と言うので、

 

やってみましたが、続いても2往復くらいでした。

なかなか難しいですね。

おととしくらいだったか、実家か送ってもらった羽子板が役に

立ちました。

名前が書かれた羽子板は、保育園で去年、サンタさんに無地のをもらって、

「お正月休みに自分で好きなように塗って持って来てね」と言われたもの。

昔、羽子板の経験がありそうなおばあちゃんたちが通りがかり

「懐かしいわねー、よくそういう羽子板、あったわね」と言われました。

 

author:hayashi-farm, category:育児, 11:20
comments(0), -, - -
70年前の仕事

今日はとてもいい天気

 

大工さんが3名で作業をしてくれていました。

 

お仏壇と神棚だけは残っています。

 

右が大黒柱で、その次に太い左の柱は恵比須柱と言うそうです。

大黒様と恵比須様ですね。


 

梁(はり)もすごいです。
築約70年なので、70年前のお仕事ですね。




 

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 07:40
comments(0), -, - -

雪で大変!

畑も真っ白でした。

子供たちは喜んでいますが、義父に車のチェーンをつけてもらったり、

会社の男性に外してもらったり、夫は夜中に雪かきをしたり。

裏道は雪が残っていそうで怖いので、大通りを運転しました。

南国育ちの私は台風は慣れていても、雪は全く分からない。

もう降ってほしくないなぁ。

author:hayashi-farm, category:育児, 12:55
comments(0), -, - -
鬼は外

保育園で新聞を丸めて、鬼をめがけて投げる、ということを

やっているようで、迎えに行くと、1歳の三男までも、その様子を

見せてくれます。

 

先生が描いたと思われる絵がステキ♪

私は絵が得意でないので、感心します。











 

author:hayashi-farm, category:育児, 07:55
comments(0), -, - -
どんど焼き

子供の書道教室の後、どんと焼きに行きました。

毎年14日に農園のある坂戸であります。

竹の先にお餅をさして焼いて食べたり、しめ縄や門松や書初めなどを

焼きます。

 

長男は祖母に「書初めを焼くと、字が上達する」と言われていたので、

学校に提出するほどうまく書けなかったものをまとめて持って行っていました。

 

このお餅を食べると、1年間元気に過ごせるそう。

寒いので、三男は久しぶりにおんぶ。

 

本当はお餅を丸める手伝いに午前中林農園に行った方がよかったのですが、

私が土曜出勤で家事などが進んでいなかったので、夜だけ参加。

食べる役だけで、申し訳なかったです。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 12:30
comments(0), -, - -
弟を気遣う兄

ここのところ、次男が三男の面倒をよくみてくれています。

保育園の帰りも


ジャンバーを着せてくれていました。

三男もおとなしくしていて、おりこうさん。

 

ほほえましい風景です。

この後は、入浴前にトレーナーやズボンを脱がせてあげていました。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 08:37
comments(0), -, - -
書き初め+奄美の幼馴染来たる

保育園から一緒の幼馴染と旦那さんが成田山新勝寺への初詣の帰りに

寄ってくれるとのこと。

お昼を我が家で、の予定。

 

1/9から学校が始まる長男の宿題を見るために、次男・三男を午前中、

連れ出すように夫にお願いしていて、3人は午前中、コストコに行くことに

したそう。

 

私の午前中は長男に「うま」の書き初めをさせた後(戌年なのに)、

フエルトペンで「お正月」を書かせ、家の掃除+料理

書道教室でも書いているので、「うま」はまぁまぁいいとして、

小筆で名前を書かせるのが難しいな。

私も書道をしていたので、言い過ぎそうになるのを「誉める」ことに

気遣いつつ、次はフエルトペン

お手本を左に置いて書いてもらっても、字と字の間隔が同じようにはならないな。

 

このタイプの宿題は、掃除と料理と組み合わせるのは難しい。

掃除と料理はそこそこに、幼馴染夫妻が来て、夫たちも帰宅。

昼食後、長男次男と夫たちが公園に行き、家に平和が戻りました。

三男は、ノンタンの絵本を10冊くらい読んでもらっていました。

10冊読むのって大変なのに、付き合ってくれて、感謝。

 

author:hayashi-farm, category:育児, 08:30
comments(0), -, - -