RSS | ATOM | SEARCH
ウーフ(WWOOF)のこと その2
ニュージーランドで経験したウーフは、4軒中はじめの1軒だけが
専業農家で、複数のウーファーをとっていました。
(12/中旬〜お正月明けくらいまで3週間滞在)
写真の右がホストファミリーのご夫婦、その間に生まれたのが抱っこされて
いる女の子で、私の向かって左にいる男の子と写真を撮ってくれている
女の子は前の奥さんとの子で、週末だけ遊びに来ていました。
多分説明してくれていたでしょうに、それが私は意味が分からず、
田舎なので学校が遠くて寄宿舎にでも入っていて、週末だけ帰って来るの
かなと勝手に解釈していました。
左の男性(ドイツ人)と下の男性(アメリカ人)はウーファーで、どこで
知り合ったのか、2人で後ろに写っている車でニュージーランドを回るんだ
と言っていました。
2ヶ月後くらい、たまたま南島のユースホステルで2人に会い、びっくり
しました。

確か、1日6時間の労働で、週1回休みを与えるというのがウーフの
ルールでした。
ですが休みは、「下さい」と申し出ない限り、1週間中働くことになる
農家で、クリスマスはお休みするけど、お正月は日本の感覚では全くなく、
働くんだ、と気付き、申し出て、1/1は休みをもらいました。
日本人なので、お正月くらいは休まなくっちゃ、と思って、
1日バスツアーに申し込み、北島の最北端の灯台や大きな木を見に
行きました。

この家のスケジュールは、朝ご飯をそれぞれが勝手に食べて、
7時頃〜13時頃までみんなで働いて、昼食をみんなで作って食べて
片付けた後は、自由というものでした。
ウーファーに合わせたスケジュールではなく、ホストファミリーも同様で、
午後からは、女の子をお父さんが肩車して、奥さんと散歩に出かけるのを
よく見ました。
週7日働いているとはいえ、専業農家であんな生活、
その時も驚きましたが、今考えても驚きます。
人を1人雇っていたからできたのかな。

娘のローズィーは、他にもウーファーがいるのに、私にしかなつかないと
いうかわいい女の子でした。
(「ローズィー」と呼びかけたいのに、「Ro」の日本人の発音が
お父さんは許せないらしく、何度も練習させられました。)
お母さんがベジタリアンで、この子も甘いものといったら、
生か、蒸した人参・さやいんげんを食べていました。
お菓子なんてもっての外です。
お母さんは圧力鍋や日本の蒸し器も持っていて、驚いたのは、
「KUZU」と書かれた使い終わった袋を手に、
「これはどういうふうに使うものなの?」と聞かれたことでした。

約2年半後、驚くべきことが起こりました。
本屋さんで「ecocolo」という雑誌を立ち読みしていると、
ニュージーランドの特集のページに私が滞在した村が載っていて、
なんと、おしゃまなお姉さんになったローズィーが写っているでは
ありませんか!!!
お母さんの髪は短くなっていましたが、確かにお母さんで、
隣にいる子は、年数を計算すると、ローズィーです。
まさか日本で、たまたま立ち読みした雑誌で、あの家族のその後と
成長したローズィーを知ることができるとは。

その雑誌は即買って、カラーコピーをとって、手紙を書きました。
すると写真つきで返事が返ってきて、
ローズィーの下に女の子が生まれたこと、
突然記者がやってきたこと、
こんなふうに雑誌に載るなんて、私たちは日本では有名ね(笑)、
ローズィーはあなたによくなついていたわね
(年間何人もウーファーが来るでしょうに、覚えてくれていてうれしい)、
などなど書かれていました。

今、どうしているかなぁ、他にお世話になったホストファミリーも
胸の中で温かく、とてもいい思い出です。
author:hayashi-farm, category:ウーフ(WWOOF), 00:33
comments(2), -, - -
ウーフ(WWOOF)のこと  その1
◆明日も天気が悪そうなので、川村記念美術館での野菜販売は中止します。

ウーフ(WWOOF)というのをご存知でしょうか。
Willing Workers On Organic Farms (有機農園で働きたいと思っている
人たち)の頭文字です。

WWOOFジャパンのHPには、お金のやり取りなしで、「食事・宿泊場所」と
「力」そして「知識・経験」を交換するしくみと書かれています。

食事・宿泊場所を提供する側をホスト、働く側をウーファーと言います。
1971年イギリスで芽生え、オーストラリア、ニュージーランドで発展し、
現在は、世界20か国以上にWWOOF事務局が設置されているそうです。

前置きが長くなりましたが、私は、以前そのウーフを体験しました。
今回はそのことを書いてみようと思います。

2004.12〜2005.3にニュージーランド(NZ)で、3ヶ月の滞在中、
約2ヶ月計4ヶ所
2005.10〜11にカナダで、1ヶ月半の滞在中、約1か月、2ヶ所
その後、日本でも5ヶ所の農家にお世話になりました。


(デジカメはなく、普通の写真をデジカメで撮ったので写りはイマイチ)
上の写真は、NZでの様子です。

1人で外国に行ってみたいと思い、当時はアパートを借りて1人暮らしを
していたので、アパートを借りつつ外国に行けるのは、貯金額からして、
せいぜい3ヶ月だなと思いました。
3ヶ月でその国一周できそうな国ということで、NZを思いつきました。

「地球の歩き方」と一緒に出されている「地球の暮らし方」という
ロングステイが書かれている本で、ウーフのことを知り、「これは
私にぴったり!ホームステイだとお金かかるけど、これならかからない
上に現地の人の生活も知ることができそう」ということで、
勤め先をちゃっかり冬のボーナスをもらって退職し、夏のNZに行った
というわけです。

農作業や子守りをしながら、現地の人の生活やクリスマスの過ごし方、
夫婦の様子や子供との関わり方の様子などをうかがい知ることが
できました。

専業農家にも数軒滞在しましたが、専業ではなく、外で他の仕事を
しながら、自給分の野菜を作ったり、庭に花を植えたり、馬と一緒に生活
したり、クッキーやジャムを作ったり、という農的生活を送っている
お宅に滞在できたのも私には大きなことでした。

英語が話せず日々の生活も大変でしたし、次のウーフホストを探すのも
大変でしたが、困っているといいタイミングで親切な方に助けて
もらえて、世の中の人って優しいんだなぁと思いました。

今考えてみれば、あの20代の時に自分1人で外国へ行き、いろんな
ことを見聞きできたことは、自信にもつながり、子育てで家にいなく
てはいけない時にも、思い出したりして、いい体験ができたなと
思っています。


author:hayashi-farm, category:ウーフ(WWOOF), 23:46
comments(2), -, - -