RSS | ATOM | SEARCH
シューズケース作り

先週に引き続き、千葉駅にある手芸屋さんで、縫い物教室。

今日は「シューズケース」作り。

三男用。

 

前回の緑系のペンギン布と帆布の余り布で作りました。

前回のスクールバック同様、下を強くしたいので無地の帆布、上がペンギン柄。

 

今回の講師も前回と同じで腕が抜群の方。

作っている途中で、「やっぱり長さが少し足りない、と思ったら、

やり方があるから言ってね」と言われていました。

後半、少し長さが足りないかなと思い、お伝えすると、

「そうしたら、24×4僂鬘暇臉擇辰董廚噺世錣譟∪擇辰董△弔覆欧董

間に持ち手のベルトを通し、

 

言われるがままだけど、どんなふうになるのか見えてきた!

ベルトの付け方も通常のやり方と違う。

でき上がりの見た目は同じだけど。

へぇーと感心。

講師の方の技術や知識ってすごい!

 

最後にアイロンをかけてくれ、完成。

左は大きさの参考に持って来た、おととし作ったキルティング地のもの。

次男用、はらぺこあおむし柄

女の子のママも来ていて、一緒に作りましたが、ピンク系の布で、

「女の子だとこういう色を選ぶよね、私も選んだだろうな」と

少し羨ましかったです。

我が家は男3人なので。

ペンギン柄はこれで3種類になりました。

前回のスクールバックと


その前の図書館の本用バックと


講師の方がすばらしいので、きれいにできてうれしいです。

仕上げにアイロンをかけるとよい、というのを学びました。

 

来週ある巾着作りには来られないので、3月の回に行けるとうれしいな。

お弁当箱用のを作りたいです。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 15:40
comments(0), -, - -
誕生日だけど、何かとせわしい

今日は私の誕生日で、朝起きたら、テーブルにお花が置かれていました。

このところ、夫からはお花をもらいます。

昨夜仕事帰りに買った模様。

お花はいいですね。

三男が咳込がひどいので、病院へ。

平日、仕事が休めなかったので、ようやく。

その間、長男次男は、公園で夫とサッカーや自転車乗り。

三男は早起きし過ぎて(5時台。私は1人の時間が全くなかった)

眠いせいか、病院の待ち時間も調剤薬局でも騒いでいて、

帰りの車の中でようやく眠った。

 

午後からは、長男スイミング。

次男が見に行きたいと言うので、一緒に連れて行き、

「トイレに行きたい」と言って、1人でトイレへ。

なかなか出て来ないので、男性トイレだけど、ちょっと覗いてみると

スリッパのマークに合わせてスリッパを並べていた!

確かテレビで、子供に靴を並べてもらうには、玄関に靴のマークを

つけるとそれに合わせて並べてくれると言っていたけど、本当なのね。

感心、感心。

 

子供たちは「誕生日だから、ケーキだよね」と楽しみにしていたけど、

和菓子を買いに行きました。

昨秋、家庭教育学級でお世話になった隣町、八街(やちまた)の「おきなや」さんへ。

ケーキより和菓子がよくなったとは、私も年を取ったものだと思いますが、

先週、会社の営業の男性が女性社員にショートケーキを買って来てくれ、

ケーキは食べたばかりというのと、「おきなや」さんに行ったことがなかったので、

これを機に行ってみようと思ったのと。

左上が「おひなさま」でその右は「うぐいす」、左下2つは春っぽい。

和菓子って美しいですね。

子供たちは選ぶのに迷いに迷って、「1人3つくらいがいい」と

言っていましたが、1つにしてもらいました。


誕生日ですが、気忙しい1日でした。

まぁ、子供がいるのでこんなものでしょう。

早くも人生折り返し地点という感じですが、

健康にここまで暮らしてきたので、感謝しましょう。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 12:55
comments(0), -, - -
廃鶏

この時期、産みの悪くなった2年目の鶏を「ドナドナドーナドーナー」と廃鶏にする。

卵を産むだけ産んだら、潰す、というは心痛むけど。

ササミや

 

ガラやチキンソーセージになって帰ってくる。

首の部分が2羽向かい合わせだとハートに見える。

バレンタインデーっぽいか。

 

ガラで、私の実家、奄美大島の郷土料理「鶏飯」を作ってみた。

子供たちは、「おいしいおいしい」と4、5杯食べていました。

 

ササミは翌日、スジを取って、人参やヤーコンなどと炒め、丼にしましたが、

写真を撮り忘れてしまいました。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:鶏・ヒヨコ, 12:55
comments(0), -, - -
お兄ちゃんたちって

ぼくのお兄ちゃんたち、お風呂上りに時々おかしいことをし始める。

 

『パンツパーティー』と言って、ズボンを頭にかぶり、パパのパンツを2枚

頭と肩に通したり、なぜか自分のパンツをお腹に洗濯ばさみで留めたり、


2番目のお兄ちゃんなんて、ぼくの紙おむつをかぶっている。

もちろん、まだ使っていないものね。


大丈夫なんだろうか、お兄ちゃんたちの頭の中


次は、ぼくのエプロンまでしている。おかしなお兄ちゃん


 

ちょっと変なおうちに生まれてきたかもしれない

ママはそんな2人を見て、「志村けん」という人を思い出すそうだ。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 06:40
comments(0), -, - -
梅、まもなく咲くか

天気の良い朝でした。

鶏は卵を産み、

 

冬の畑は、そら豆やキャベツで緑も見えます。

 

まもなく梅が咲きそうですが、リフォームの関係で、近々切ることに

なっています。

梅さん、ごめんなさい。

 

つぼみが膨らんできています

 

梅って、皮だけでも生きるのだからすごいと思います。

 

リフォームはと言うと、地面がやわらかく、建物がゆがんでいるということで、

平均を保つのに、柱の下にセメントの角材のようなものを敷いています。

一時これでしのいで、これからどうするか考えるようです。

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 15:40
comments(0), -, - -
縫い物教室

入園入学シーズンの前に開かれる千葉駅にある手芸店での縫い物教室。

今日はスクールバック作り。

他にシューズケースや巾着があります。

 

夫に子供3人お願いして、行って来ました。

このお店で材料さえ買えば、無料で教えていただけます。

ミシンやロックミシンやアイロンも貸していただけます。

私は何度も利用していて、とてもありがたいサービスです。

 

秋に大きいバックを作る講座で作ったバックの

 

残り布で作りました。

持ち手だけは今回買いました。

下は帆布で頑丈に、上はペンギンさんの柄。

ポケットはどちらの布でもよかったのですが、柄合わせが大変だからと

無地にしました。
 

サイズも希望を言えるし、裏地をつけたいとか、布を2種類使いたいとか、

ポケットをつけたいとか、マチを何センチにしたいとかも言えます。

今回も丁寧で技術の高い方が講師で助かりました。

 

ロックミシンに糸が4本かかっていて(通常は3本か2本)、端が頑丈

布やベルトの厚みやその厚みの差にミシンのコンピューターがエラーを示し、

予定とは違ったバックの口の縫い方に。

でも「このやり方がダメなら別のやり方があるよ」とか「こっちを上にして

縫った方が布がよってこないよ」とか「何ミリ幅で縫いたいから、

目はここを見ながらミシンを走らせて」とか的確なアドバイスをくれるので、

その都度、講師の方に感心しました。

すばらしい。

 

最後は講師の方がアイロンをかけてくれて、完成。

おかげさまできれいな仕上がり。

三男用。

長男用のバックもこちらで教えていただいたキルティングのスクールバックですが、

古くなってきたので、また来年あたり作りに来よう。

家でもできなくはないのですが、子供たちがいるとなかなか・・・。

それに出向いて作りに行った方が、講師もいるので、チャチャっとできます。

 

author:hayashi-farm, category:1人時間, 15:35
comments(0), -, - -
コーヒー講座

小学校の家庭教育学級の役員を引き受けていて、最終回の7回目。

市内のカフェ、アインさんに講師を依頼し、おいしいコーヒーの淹れ方を

学ぶコーヒー講座。

9名参加。

まずは、珈琲ドリルで知識を学ぶ。

コーヒーを生産するのは60ヶ国あるそうで、赤道をはさんで

北緯25度、南緯25度の熱帯・亜熱帯のエリアで「コーヒーベルト」と

呼ばれるそう。

ちなみに、その外側は「ティーベルト」と呼ばれるとのこと。

日本はティーベルトでしょうね。

 

8年前くらいに夫と旅行したバヌアツ共和国(ニューカレドニア近く)は

コーヒーの木がたくさんあって、豆を天日干ししている農家さんを

見せてもらったことを思い出しました。

 

抽出器具の種類と特徴も学びました。

レギュラーコーヒー用のドリップ式には、扇形フィルター、円すい型フィルター、

ネルドリップと3種類あり、3つ穴だと蒸らしの効果が少なく、お湯が

抜けやすいので軽めのコーヒーに仕上がるとか、1つ穴だと蒸らしの効果が

高いので、濃いめのコーヒーを淹れるのに向いているとか、ネル袋の取り扱いは

手間だが、本格的なコーヒーの風味が引き出せるとか、教えていただきました。

 

そして、実際の淹れ方を拝見

 

優しくゆっくり淹れないといけないようでした


この後、自分たちでも2回淹れましたが、お湯を少しずつ注ぐのが

難しい。

つい、ドバっと入れてしまう。

 

おいしいコーヒーがいただけました。

その後、閉級式で校長先生と教頭先生にお言葉をいただき、終了。

市からの5万円で1年間活動していたので、その報告書を作ったり、

領収書を貼ったりの作業をしないといけません。

それまで終えないとホッとできないなぁ。

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 07:35
comments(0), -, - -
羽根つき

小1長男が学校で昔の遊びをしているそうで、どういうのをやっているか

尋ねたら、「けん玉・おはじき・コマ回し・ダルマ落とし・ビー玉・

かるた・あやとり・福笑い・凧揚げ・お手玉・羽根つき」だそう。

楽しそう、私もやりたい。

 

家でも「羽根つきをやろう」と言うので、

 

やってみましたが、続いても2往復くらいでした。

なかなか難しいですね。

おととしくらいだったか、実家か送ってもらった羽子板が役に

立ちました。

名前が書かれた羽子板は、保育園で去年、サンタさんに無地のをもらって、

「お正月休みに自分で好きなように塗って持って来てね」と言われたもの。

昔、羽子板の経験がありそうなおばあちゃんたちが通りがかり

「懐かしいわねー、よくそういう羽子板、あったわね」と言われました。

 

author:hayashi-farm, category:育児, 11:20
comments(0), -, - -
70年前の仕事

今日はとてもいい天気

 

大工さんが3名で作業をしてくれていました。

 

お仏壇と神棚だけは残っています。

 

右が大黒柱で、その次に太い左の柱は恵比須柱と言うそうです。

大黒様と恵比須様ですね。


 

梁(はり)もすごいです。
築約70年なので、70年前のお仕事ですね。




 

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 07:40
comments(0), -, - -
お手洗いのボール

農園の母屋のリフォーム、進んでいます。

設計士さんが週1くらいで来てくれるので、今日は打ち合わせ。


お手洗いのボール、大分の小鹿田焼(おんたやき)か、島根の出西窯か。

手仕事の勉強会で知り合った設計士さんなので、お手洗いのボールや、

電気の傘4つ(ガラス)は手仕事のものです。

大きい方がいいので、小鹿田となると、刷毛目のにするか、

指描きのにするか、迷います。

決められず、「2つ置いていくよ」と設計士さんが言ってくれたものの

割らずに保管できるかドキドキします。

 

研修棟ではストーブの火がメラメラ

とても暖かいです。

 

 

 

 

 

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 07:40
comments(0), -, - -