RSS | ATOM | SEARCH
山内さんの座布団カバー

静岡県浜松市の山内染色工房(紺屋ぬいや)の山内武志さんに

注文していた座布団カバーが届きました。

牡丹唐草の紺と朱、5枚ずつ。

本当は、茶・黄系のもあったのですが、今回は10枚のみにしておきました。

農園にはまだ座布団があります。

 

山内さんは、型絵染人間国宝の芹沢?介に師事し、6年修行後に

今に至るのだそうです。

 

鎌倉のもやい工藝という民藝のお店で山内さんのことを知りました。

 

本当は、実際目で見て生地を選びたかったのですが、浜松へも行けず、

展示会をちょうどされていた銀座松屋へも足を運べなかったので、

山内さんの娘さんに生地の写真をメールで送ってもらって選びました。

サイズも細かく聞いて下さって、メールも頻繁にきて、助かりました。


花瓶やピッチャーを置いている棚にステンレスの棒を1本足しました。

ホームセンターで買って来て、自分で取り付けました。

地震の揺れでお気に入りの花瓶やピッチャーが割れたらショックなので、

少しでも防ごうかと。

author:hayashi-farm, category:家作り, 18:35
comments(0), -, - -
子供のやることって

長男は11/29のロードレース大会の練習をパパとすると言うので、

その間、次男と三男と車で8分の四街道運動公園に行きました。

保育園の遠足でも行く場所なので、予習もかねて。


次男は、面倒見がいいです。


長いローラーすべり台を弟もすべらせてあげたいと一緒に上って

すべってを何回か繰り返していました。


家に帰り、見つけたカマキリ。


お兄ちゃんと何をしているかと思えば、小さいレゴブロックで

カマキリの家を作っているらしい。

でも、できたおうちにカマキリを入れると、あまり気に入らなかったようで、

すぐに逃げられていました。

子供のやることって、おもしろいですね。

 

author:hayashi-farm, category:育児, 12:50
comments(0), -, - -
肉・お風呂

長男はお肉が嫌いで、次男はお肉が大好き。

手羽元の料理を次男はお兄ちゃんからもらって、ご機嫌


軟骨もきれいに食べます。

 

夕飯の後にいつもお風呂に入っています。


LMSサイズの男児3人、楽しそう。

子供たちだけで入るにはまだ危ないので、私も一緒に入っています。

 

義父母のお風呂は薪なのですが、こちらはボタン1つで沸くお風呂です。

author:hayashi-farm, category:育児, 15:05
comments(0), -, - -
カマキリの絵、お上手◎

三男の保育園のベテランの担任の保育士さんは、絵も字も上手。

工作も上手だし、ピアノも弾けるし、すばらしいです。

 

毎回楽しみにしている、教室前のホワイトボードは今日は

カマキリとバッタの絵でした。

毎日、連絡帳もあるのですが、それ以外にその日の様子を書いておいて

くれています。

 

「スクープ!バッタとカマキリ にらみ合い」ですって。

絵、上手だなぁ。

字だけよりも絵もあった方が分かりやすくて、楽しい。
先生も楽しんでこのホワイトボードを書いて下さっている気がします。

 

夏から秋に変わる際の井上用水の絵も上手だったのに、

携帯を車に忘れて、写真を撮り忘れたことを未だに悔んでいます・・・。

「なーつがすーぎ、かぜあざみー♪」のね。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 15:00
comments(0), -, - -
大谷石

農園の塀は、昔ながらの大谷石です。




ところどころ、崩れてきていて、このままでいいのか、リフォームの際に

普段そういう作業もしているという左官屋さんに聞いてみたところ、

やはり鉄骨が入っていないので地震などの際、危なく、

「最近の新大谷石というのに変えた方がいいよ」と言われました。

 

でも、左官屋さんが昼休みにこの周りを歩いてくれたそうで、

「100m以上あるから、結構お金がかかるよ」と言われてしまいました。

全部でいくらくらいするのだろう?

 

リフォームの支払いがあるので、すぐ取りかかれそうにないのですが、

大阪の地震で小学生が亡くなっていたのは、こういう危ない壁・塀の

ところででしたっけ。

早く取りかかった方が安全のためにはいいなと思ってはいます。

 

author:hayashi-farm, category:家作り, 15:00
comments(0), -, - -
ガスオーブンでグラタン

家をリフォームするにあたり、オーブンをガスにしたいと思っていました。

それまで、電気のもので、お料理教室でガスのを使わせてもらうと、

やはりガスの方が冷めにくいし、安定しているような気がしていたので。

 

念願が叶い、ガスオーブンになったので、アップルパイやグラタンなどを

作っています。


グラタンは、子供も大好き。

マカロニやハム、チーズが好きなので、グラタンももちろん好きですね。

 

この秋冬、いろんなグラタンを作ってみようと思います。

 

author:hayashi-farm, category:野菜を使った料理, 06:20
comments(0), -, - -
秋の風景

林農園には大粒の実をつける銀杏の木があって、秋は銀杏の作業をしています。

 

拾って、水に浸し皮を腐らせ、実をお日様に干します。

前に、水に浸した後に二層式の洗濯機でぐるぐるやると、

実と皮が分かれるのが早いと義父から聞いた気がしますが、

今年はどうしたか聞き忘れました。

煎って、茶碗蒸しに入れたり、おつまみにしたり。

あんまり食べすぎるとお腹を壊すとも聞いたことがありますが、

何かの成分の影響でしょうか。

 

 

author:hayashi-farm, category:畑の様子, 06:20
comments(0), -, - -
保育園のハロウィン

今週の午前中は保育園の保育参加で、私は金曜の今日、仕事を休んで行って来ました。

普段保育園でどんなことをやっているのか、楽しみにしていました。

 

1歳児クラスの三男はホールでお歌を歌ったり、黒とオレンジと紫チームに分かれ

新聞紙をぐるぐる丸めて袋に入れ、ハロウィンの飾りを作った後は、お散歩、

4歳児クラスの次男は外で駆け回ったり、砂場で遊んだり、遊具で遊ぶという時間。

 

4歳児の様子も見に行きましたが、こちらも激しく遊ぶのに付き合わないと

いけないので、退散。

1歳児クラスに参加してみました。

 

お散歩は大変。

10人くらいの子供たちは、1人はあっち行き、1人はこっち行き、

向こうでは泣いている子もいて、先生方も先を急いで歩くというより、

ゆっくりのんびり歩くという感じではありますが、毎日大変だなと思いました。

幸いなのは、田舎なので、車が通らないということ。

 

目的地の公園に行くまでに犬や鶏小屋で鶏を見たり、公園ではすべり台や

どんぐり拾いを楽しみ、また行きと同じように、帰って来て、

教室に戻って手を洗った後は、

おむつも肌着もシャツもズボンも全て着替えて、おやつという流れ。

 

私も2人、着替えを手伝いました。

1,2歳児のはだかんぼがかわいいのは分かっていましたが、それが

複数いるととてもかわいい。

ぽっちゃりでむちむち。

逃げ回って、かわいい体があちこちに。

 

4歳児クラスでは、捕まえたカマキリをみんなで寄ってたかって

触っていて、保育園児に捕まるカマキリは気の毒というのも分かりました。

 

それから、給食の試食をさせてもらい、帰りました。

薄味でいいのね、というか、薄味にしなきゃいけないなと

先日の小学校の給食試食会同様、分かりました。

 

【夕方、迎えに行った時の写真】

下のオレンジと紫、上の黒は、1歳児クラスで新聞紙をぐるぐる丸めて

作ったもの。

左の窓にいるのは5歳の次男。

 

保育士さんは工作などが得意で、いつも感心します。

 

 

author:hayashi-farm, category:育児, 06:20
comments(0), -, - -
遠足のお弁当は大事

保育園に通う次男(年中)の遠足が11/9にあり、

「ドラえもんのお弁当箱でなく、ママの2段のお弁当箱を使うんだ」と次男が言っていたら、

長男が「どれどれ」と言い出し、

(宿題はテーブルで、と言っているのに、居間の床でやっている)

 

お弁当箱の形を紙に写し、2人で給食の献立表やら私の本棚から料理の本を

数冊持って来て、どのおかずを作ってほしいか、お弁当箱のどこに

詰めるかを書いていました。

お肉料理ばっかり。

子どもなので、色味なんて考えていません。

 

「ママ、これ作れそう?」と聞かれたりして。

 

お兄ちゃんの方が張り切っている感じもしなくはありませんでしたが、

おもしろい風景でした。

author:hayashi-farm, category:育児, 15:30
comments(0), -, - -
相撲大会

今日は相撲大会がJR佐倉駅前の公園でありました。

相撲大会には年少さんから参加でき、長男は3回目、次男は2回目の出場。

 

幼児の部の3番目に次男は出て、写真を撮り忘れたのですが、

始まった途端、相手の子を投げ飛ばし、あっぱれ!すばらしい取り組み。

それまでの子は、押し出しだったので、それに比べ勢いがある感じ。

でも、投げ飛ばされた相手の子は目に砂が入ったのか泣いていて、

もっと泣いたら相手の親に謝りに行かなきゃいけないかな、と思いました。

 

女の子も出ていて、やる気のある子と親に無理やり出されたのかと思うような

自分から土俵の外に出る子もいました。

 

長男も勝ちました。

奄美の相撲大会のように、子供でもまわしを締めてやってほしいな。

長男も次男も相撲が好きなようなので、相撲が根付いている奄美で育ったら

相撲のチームに練習に行ってるかもしれないな。

author:hayashi-farm, category:育児, 17:48
comments(0), -, - -